2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エルヴィスは死んだ



 昨日、都内の某中古レコード屋で拾ったCD。150円。どうして私はこういう変な編集盤ばかり見つけてしまうんだろう……(ていうか、外出しちゃダメだろ!)


Elvis_is_dead.jpg


ELVIS IS DEAD ...AND ROCK N ROLL IS ALIVE!

Heartbreaker (At The End Of Lonely Street) (1990) - Dread Zeppelin
Elvis Is Dead (1990) - Living Colour
Freddie’s Dead (1988) - Fishbone
Higher Ground (1989) - Red Hot Chili Peppers
Heart Attack Man (1994) - Beastie Boys
Re-Ignition (1986) - Bad Brains
Vibrator (1995) - Terence Trent D’Arby
Wisdom Behind The Smile (Cash) (1991) - Keziah Jones
New World Order (1991) - The Family Stand
Earthquake (1991) - 24-7 Spyz
This Place Hotel (2016) - Living Colour
The Way You Make Me Feel (2013) - Angelo Moore, Doug Aldrich & Rudy Sarzo
Micky’s Monkey (1977) - Mother’s Finest
Rock And Roll Is Dead (1995) - Lenny Kravitz
Niggizz Can’t Sang Rock & Roll (1976) - Mother’s Finest
Who Says A Funk Band Can’t Play Rock?! (1978) - Funkadelic
Rock ’N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis) (1995) - Prince
Elvis Is Dead [Live 1990] - Living Colour

 ’80年代末〜’90年代初頭の“ロックンロールを黒人の手に取り戻せ”ムーヴメント(?)に焦点を合わせた編集盤。当時のファンキーなブラック・ロック曲がたくさん入っている(一部、白人バンドの曲もあり)

 ドレッド・ツェッペリン(ラスベガス時代のエルヴィス・プレスリーの物真似でツェッペリン楽曲のレゲエ調カヴァーを聴かせる白人ハードロック・バンド)の「Heartbreaker」(「Heartbreak Hotel」とのマッシュアップ)は残念ながら現在Spotifyでは再生不可。アレンジが違う再録音版は聴けるのだが、このCDに入っているのは’90年のオリジナル版の方。

 CDのタイトルにもなっているリヴィング・カラー「Elvis Is Dead」には、メイシオ・パーカー(サックス)の他、リトル・リチャード、ミック・ジャガー、久保田利伸らがラップ(と言うか、スポークン・ワードのアジテーション)で参加している。未だサブスク未解禁の久保田利伸の声が聞けるという点でも貴重な1曲。最後に入っている’90年のライヴ音源(メイシオ参加)はこのコンピで初めて聴いた。

 どれもバカみたいに熱くて、聴いているとゲラゲラ笑ってしまう。ファンカデリックやマザーズ・ファイネストも入ってるし、これで150円はいい買い物だったなー。


※ファンカデリック「Who Says A Funk Band Can’t Play Rock?!」は、志村けんが「金曜ショータイム〜玉緒・志村・氷川 爆笑トリオ」(NHK/’03年放映/’20年4月11日再放映)で自分がステージに登場する際のBGMに使っていた。彼の何でもありな姿勢を物語るような曲だが、日本のゴールデンタイムの娯楽番組でファンカデリックが流れる光景はシュール以外の何ものでもなかった。



関連記事:
プリンス関連記事◆目録
プリンスを1位にしろ!(2013.07.24)
Keziah Jones + Nneka──遠距離恋愛(2015.03.23)
Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2015(2015.04.29)
Keziah Jones: Discography 1992-2013(2015.04.30)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【1】(2015.08.18)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【2】(2015.08.20)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【3】(2015.08.22)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【4】(2015.08.24)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【5】(2015.08.26)
Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2017(2017.08.14)
HARDROCKLOVER~Phase 5「Blufunk is a fact!」(2017.08.15)
アンジェロ・ムーアがやって来た!(2018.04.18)
Angelo Moore & The Brand New Step @ Basement Bar 2018 (part 1)(2018.04.25)
泳ぐひと(2018.05.04)
Angelo Moore & The Brand New Step @ Basement Bar 2018 (part 2)(2018.05.17)
Angelo Moore & The Brand New Step──新たな一歩(2018.05.20)

| Man's Man's Man's World | 00:05 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT