2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マイケル vs ジャネット



 コロナ禍による外出自粛につき、今日も家でゲーム。




MICHAEL vs JANET

She’s Out Of My Life (1979) - Michael Jackson
Love And My Best Friend (1982) - Janet Jackson
Don’t Stop ’Til You Get Enough (1979) - Michael Jackson
Say You Do (1982) - Janet Jackson
Lovely One (1980) - The Jacksons
All My Love To You (1984) - Janet Jackson
Billie Jean (1982) - Michael Jackson
Dream Street (1984) - Janet Jackson
The Lady In My Life (1982) - Michael Jackson
Funny How Time Flies (When You’re Having Fun) (1986) - Janet Jackson
Another Part Of Me (1987) - Michael Jackson
Control (1986) - Janet Jackson
Bad (1987) - Michael Jackson
Nasty (1986) - Janet Jackson
Smooth Criminal (1987) - Michael Jackson
When I Think Of You (1986) - Janet Jackson
Dirty Diana (1987) - Michael Jackson
Black Cat (1989) - Janet Jackson
Jam (1991) - Michael Jackson
Rhythm Nation (1989) - Janet Jackson
Can’t Let Her Get Away (1991) - Michael Jackson
Alright (1989) - Janet Jackson
In The Closet (1991) - Michael Jackson
Love Will Never Do (Without You) (1989) - Janet Jackson
Dangerous (1991) - Michael Jackson
Miss You Much (1989) - Janet Jackson
Remember The Time (1991) - Michael Jackson
That’s The Way Love Goes (1993) - Janet Jackson
Black Or White (1991) - Michael Jackson
If (1993) - Janet Jackson
Scream (1995) - Michael Jackson and Janet Jackson
Forever Yours (1982) - Janet Jackson

 前回の『The Beatles vs Led Zeppelin』に続く暇つぶしの音楽チェス。今度はマイケル・ジャクソンの16駒とジャネット・ジャクソンの16駒を使って対戦した。

 序盤は兄マイケルが圧倒的な強さでリードするが、「Control」が飛び出す中盤あたりからジャネットが互角に戦い始め、やがて「Rhythm Nation」で完全に形勢をひっくり返してしまう。それ以降はマイケルがどんな手を指そうと、ジャネットが常にそれ以上の手で返し、ゲームを支配していくことになる。打つ手がなくなり窮地に立たされたマイケルだったが……しかし!

 『The Beatles vs Led Zeppelin』では私が両バンドの駒を使って一人で勝手に対戦したが、今回の『Michael vs Janet』は、’82年から’95年にかけて実際にマイケルとジャネットの間で繰り広げられた“対戦”を、両者の似たタイプの16曲を突き合わせる形で分かりやすくコンパクトに再現したものである(「She’s Out Of My Life」は「Ben」と交換可)

 ご存じの通り、ジャネットは兄を負かさなかった。圧倒的に優位に立ちながら、最後に彼女は最大のライバルでもある対戦相手のマイケルに加勢してしまうのである。なんじゃそれ。対戦相手に味方するって、そんなゲームがあるか!


Janet_HerStory.jpg


Janet Jackson - HerStory 1982-1995

 『Michael vs Janet』は、昨年6月に私が作った『HerStory 1982-1995』というジャネットのプレイリストの簡易版である。

 ジャクソン家は9人の兄弟姉妹がいずれも世界的に有名なミュージシャンで、全員が仲間でありながら同時にライバル同士でもあるという他に類を見ない音楽一家である。『HerStory 1982-1995』は、ジャクソン家の末娘ジャネットがいかに兄姉たち──特にマイケル──から学び、彼らと競い合いながらアーティストとして成長し、最終的にマイケルをも超えるポップ・ミュージック界の覇者になったかという点を、マイケル以外の兄姉、リビー、ジャーメイン、ラトーヤの曲も交えながら時系列で細かく振り返ったものである。途中からマイケルが完全に後手に回ってしまう様子、ラトーヤの猛追やジャーメインの乱入をよそにジャネットが着実にゲームの支配者になっていく様子がよく分かり、これはこれで面白かったのだが、このプレイリストは曲数があまりにも多く(計58曲、4時間25分)、とても通しで気軽に鑑賞できるものではなかった。その反省を踏まえて、焦点をマイケルとジャネットの関係に絞り、より分かりやすく編集し直したのが『Michael vs Janet』というわけである。

 『Michael vs Janet』は、常に先攻マイケル、後攻ジャネットという形で両者の同系曲が対になっている。最後の「Scream」に対するジャネット「Forever Yours」(1982)のみ例外で、これは「Scream」ではなく、マイケルの別の有名曲に似ている(それが何であるかは『HerStory 1982-1995』を参照)。「Scream」に対するジャネットの返答として、これほど相応しい曲はないのではないだろうか。



関連記事:
マイケルの最強ショート・フィルム10選【第10位】(2009.10.23)
Janet Jackson──逃・避・行(2014.05.23)
リズム国家、世界を揺らす(2019.06.24)
We Will Funk U~「We Will Rock You」の残響(2020.03.19)

| Diva Legends | 21:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT