2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

En Vogue x Prince - Hold On, I’m Gettin’ Off



 アン・ヴォーグプリンスのミッシングリンク。




En Vogue x Prince - Hold On, I’m Gettin’ Off

Hold On (1990) - En Vogue
Get Off (1991) - Prince & The New Power Generation
The Boomin’ System (1990) - LL Cool J
Hold On [Extended Version] (1990) - En Vogue
The Boomin’ System [The Underground Mix] (1990) - LL Cool J
Violet The Organ Grinder (1991) - Prince & The New Power Generation
My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It) (1992) - En Vogue
Party (1990) - En Vogue
Escape (1988) - Prince
Free Your Mind (1992) - En Vogue
So What The Fuss [Single Version] (2005) - Stevie Wonder
Bonus Tracks:
The Payback (Pt. 1) (1973) - James Brown
Mother Popcorn (Pt. 1) (1969) - James Brown
Pass The Peas (1972) - The J.B.’s
Funky Drummer [Bonus Beat Reprise] (1970/1986) - James Brown
The Payback [Aquasky Remix] (1973/2019) - James Brown

 アン・ヴォーグ『Born To Sing』(1990)の30周年記念版(ボーナス・トラック9曲追加)が配信開始……というわけで、それとあわせて楽しめる音源集を作成。プリンス「Gett Off」に関する4年前の拙記事“Prince──イきましょ”の内容をプレイリスト化したもの。JBとスティーヴィー・ワンダー(とファンカデリック)を介した両者の擬似&ガチ共演が楽しめる。詳しくは過去記事をご覧ください。




 ’74年9月、キンシャサでのJB「The Payback」(ドキュメンタリー映画『ソウル・パワー』より)。この半年前の’74年2月、JBは’73年2月の初来日に続く2度目の来日公演を日本武道館など計6ヶ所で開催(衣装もこれと同じだった)。アルバム『The Payback』が’73年12月、シングル「The Payback」が’74年2月発売なので、まさに絶好のタイミングでの来日公演だった。さぞかし凄まじかったことだろう。もしかすると、ドリフ見習い時代の志村けん(’74年4月1日、ドリフ正式加入)も観に行ったかもしれない。これを生で喰らったら、ああいう芸になるのも無理はない……?



関連記事:
プリンス関連記事◆目録
James Brown──報復(2016.05.03)
8時だョ!全員集合(特別回)(2020.03.30)

| Diva Legends | 02:15 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT