2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世相の変遷



 時代の流れに呑み込まれる 手遅れになる前に急げ
 Sign “O” The Times Mess With Your Mind, Hurry Before It’s 2 Late




1987 - Prince
1987 - Billy Cobham
1989 - Simple Minds
1989 - P.J. Proby
1993 - Nina Simone (remained unreleased until 2008)
1995 - Amanda
1997 - Kazda
1998 - Sex Mob
1998 - Boom-Shaka
1999 - Heaven 17
2004 - Joy Denalane
2004 - Chateauhaag
2004 - Silvia Donati & Standhard 3io
2006 - Benny Lackner Trio
2007 - Chaka Khan
2008 - Anja Lerch & Frank Sichmann
2008 - Nils Petter Molvær feat. Sidsel Endressen
2008 - Joacim Lund
2008 - Alison Scott
2009 - The Lips
2010 - Acoustic Hits
2011 - Barbara Morgenstern
2013 - Torun Eriksen
2018 - Grace Kali


 プリンス「Sign “O” The Times」のカヴァー集。曲そのものが演者を選ぶのだろうか、“~調でやってみました”的な安易なカヴァーがほとんどなく、他の有名プリンス楽曲のカヴァーに比べると平均点が非常に高い。どれも聴き応えがあるが、個人的には’08年に蔵出しされた衝撃のニーナ・シモン版、「Forever In My Life」を彷彿させる熱いライヴ録音のジョイ・デナラーニ版、グローヴァー・ワシントン・Jr. がソプラノを吹く(ベースはロン・カーター)’87年発表のビリー・コブハム版がトップ3。ロバート・グラスパーも『Covered』(2015)のセッションで取り上げていたが(プリンスから許諾が下りずにアルバム未収となり、SoundCloudで公開。Spotifyにはない)、ピアノ・トリオの演奏なら、知的で上品なグラスパー版より、時代の混沌と不穏さをそのまま音にしたような’06年のベニー・ラックナー版の方を個人的には遥かに高く買う。近年のカヴァーでは、ロサンゼルスのロック・ユニット、グレイス・カリのヴァージョンがジャケも含めて一押し。






関連記事:
Nina Simone meets Prince──世相(2016.11.19)
プリンス関連記事◆目録

| Man's Man's Man's World | 01:30 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT