2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Joel Culpepper──俺の愛は王さま級(My love is king)



 シャーデーを探す男、その2。




 ロンドン出身の新進(と言ってもそれほど若くもない)R&B歌手、ジョエル・カルペパーのMV「Afraid To Be King」。前回紹介したピーボ・ブライソン「Looking For Sade」のようにシャーデーのことを歌った曲ではないが、ブライソンと同じく彼がシャーデーを探していることはヴィデオを見れば一目瞭然である。

 「Afraid To Be King」は’17年1月に発表されたカルペパーの2nd EP『Tortoise』からのシングル曲。YouTubeで〈A Colors Show〉の動画をハシゴしていたところ、彼が同作収録の「Woman」という曲を熱唱している回に行き当たり、それを気に入ってアーティスト名で検索したところ、今度は海辺で彼がシャーデーを探しているこのMVが出てきた。“ついてきてくれ、俺は王になることを恐れない(Follow me now, I’m not afraid to be king)”という歌詞は、「Your Love Is King」に引っ掛けたシャーデーへのラヴコールのようにも聞こえる。




 カルペパーのMVを見ていたら、以前紹介したアビア「September」(2012)のMVを思い出した。海辺でアビアはハートのクイーンの札を拾う。「September」の歌詞は何となく「Love Is Stronger Than Pride」を思わせるものだったが、後に公開された彼のMV「Gone」(2016)はどう見ても「No Ordinary Love」だったりする(花嫁姿の女性が路上を疾走する)。アビアもシャーデーを探しているのかもしれない。

| Man's Man's Man's World | 00:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT