2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人生はワンカット──『白昼夢 OF THE DEAD』(完全ネタバレ仕様)



 日本映画の歴史を変えた奇跡の低予算インディー映画『カメラを止めるな!』。'18年6月23日に東京のミニシアター2館(新宿K's cinema、池袋シネマ・ロサ)で封切られた後、口コミで人気がどんどん拡大し、9月半ば現在、全国の総上映館数は、日本のメジャー映画やハリウッド話題作の封切り館数(およそ350前後)にも迫る316館に。私が池袋シネマ・ロサでこの作品を鑑賞したのは、封切り2館に続いて渋谷ユーロスペースでの上映が始まった6日後(7月20日)で、まさに全国に感染が広がろうとしている時期だった。8月に入ると『カメラを止めるな!』はテレビのワイドショーでも取り上げられるようになり、興行収入でもトップ10に入るなど、超大型台風並みに勢力を拡大して日本列島を席巻。遂には“社会現象”、あるいは、渋谷のスクランブル交差点で石を投げれば『カメ止め』を観た人に当たる、とまで言われるほど(?)のスーパーメガヒット作になった(2~3回投げればマジで当たるんじゃないか)

 すっかり国民的映画になった感もあるその『カメラを止めるな!』が、先日、フジテレビの深夜番組『白昼夢』で2週にわたって特集された。『白昼夢』(日曜25時25分放映)は、いとうせいこうと中井りか(NGT48)が出演する30分のロケ番組。毎週、いとうが中井を様々な場所へ連れ出し、音楽家、映画作家、職人、研究者など、様々な分野で活躍する人物に引き合わせて“大人修行”をさせる。サブカルに精通したマニアックなオッサンが何も知らないアイドルの少女に世の中の多様な文化の存在と面白味を体験学習的に教える内容は、リリー・フランキーと指原莉乃がコンビを組んだ同局同枠の前番組『真夜中』を引き継いだもの。最近では、近田春夫をスタジオに訪ねる、ブルーノート東京でヤン富田の公演を観る、スタジオでエルメート・パスコアールの演奏を聴く、などの企画があった。軽くて濃い好番組だ。

 2週にわたる今回の『カメラを止めるな!』特集は、監督の上田慎一郎との対談に加え、『カメ止め』のキャストと撮影スタッフが集まり、中井りかといとうせいこうを主演に迎えて上田監督が『カメ止め』のスピンオフ的な短編映画『白昼夢 OF THE DEAD』を撮り下ろすというスペシャルな企画。私は『真夜中』時代からこの番組をほぼ毎週観ているが、前編(9月9日深夜放映)は事前に放映内容を知らなくてうっかり見逃してしまった。私が観たのは後編(9月16日深夜放映)だけだが、上田監督のインタビューに続いて『白昼夢 OF THE DEAD』の本編+メイキングが放映されたこの回は、いつにも増して見応えがあった。短時間ながら『カメ止め』のエッセンスが詰まった素晴らしい内容だったので、インタビューの採録とあわせ、ここにその全容を“完全ネタバレ仕様”で紹介することにしたい。


『白昼夢』~第43話『カメラを止めるな!』特集 後編
(放映日時:2018年9月16日、25:25-25:55)

Daydream_of_the_dead2.jpg
インタビューの様子──(左から)いとうせいこう、中井りか、上田慎一郎

いとうせいこう:ということで、今週も引き続いて『カメラを止めるな!』の上田監督に来てもらっておりますが。上田を見ない日がないもんね、テレビで。
上田慎一郎:そんなことないでしょ(笑)。

《番組オープニング・タイトル》──『白昼夢』

中井りか:この映画作る最初のときとかも、そんなにお金はなかったわけですよね。
上田:はい。製作費、まあ、テレビとかで言ってますけど、300万で。
いとう:とか言ってるけど、よく300万を捻出したね、お金のない君が。
上田:でも、ま、僕の自主映画じゃなくて……。
いとう:あ、そうか、ENBUゼミの企画があるから。
上田:はい。まずその予算が300万なんですけど、300万、300万ってメディアは言ってますけど……時間をすごくかけてるんですよ。リハーサルをしたり、キャストと何回も会ってコミュニケーションを取ったりっていうのは、普通に商業ベースに乗せたら、時間ってお金に変わっちゃうから。それが今回は丸々かかってないんです。キャスト費も。ワークショップで作るっていうそもそもの企画に賛同して応募してくれた人たちなので。
中井:そうかそうか。協力のもとで作ったから、そこは入ってないんだ。
上田:現場のキャスト費もリハーサル期間も、一緒に付き合ってやってくれてるので、かかってないです。あとは、観ていただいたから分かると思うんですけど、たとえば血まみれの衣装とかも、衣装部とかがいなかったんで、自分で安い量販店へ行ってタンクトップとかを買ってきて……。
中井:えー! あの女性の方(映画内ゾンビ映画の主演女優、秋山ゆずき)ですよね。
上田:そうそうそう。あれを自宅のベランダで血をかけて……。
中井:えー!! あれ、自宅のベランダでかけた血なの?! 
いとう:ベランダはマズいだろ(笑)。
上田:いっとき僕の自宅のベランダ、血まみれの衣装ばっかり干してあって。
いとう:(笑)あの家は毎日人が死んでるぞ、ってことだよね。
上田:殺人鬼が住んでるんじゃないか、っていう感じで。ま、そういうの作ったりとか。あと、この(『カメ止め』Tシャツの)ロゴとかは妻が作ってまして。
いとう:奥さんがやってんだよね。
中井:かわいー!
いとう:センスあるんだよ、奥さん。
上田:グラフィック・デザイナーとかアニメーターをやってるので、やってくれたりとか。あと、劇中の(台本の)読み合わせのシーンで泣いてた赤ちゃん、あれ、僕の息子なんですよ。
中井:えー!!!
いとう:らしいね。赤ちゃんも自分のとこで出すっていう。
中井:ガン泣きでしたね。
上田:ガン泣きでした。あれもただのドキュメントです。
いとう&中井:(笑)。
上田:あと、メインの親子3人が住んでる家は、僕が今も住んでる自宅ですし。
中井:そうなんだ!
いとう:そのまんまなんだね。
上田:使えるものは全部使って、本当に手作りで作った映画で。今回の映画に関しては“手作り感”っていうのが作品の語ることともすごく噛み合ってたから良かったんだろうなと思いましたね。
いとう:それともうひとつは、それを一緒にやった役者さんたちが一緒に売れていくっていう、新しい、映画では見たことがないパターン……。
中井:みんな一緒にこう、ね。
いとう:そうそう、ちゃんと出してるじゃない、トークショーにもみんな呼んで出してるから。
上田:メジャーとかじゃできない宣伝の仕方はすごいしてると思いますね。今日で公開69日目なんですけども、1日も欠かさずに舞台挨拶をしてるんですよ。だからもう、永遠のような2ヶ月でしたね、公開してから。
いとう:ハハ! そうだよな、わずか2ヶ月なんだよ、始まってから。
中井:でも、あんなにバズって。
上田:最初は2館で3週間で終わる予定だったんですよ。3週間でなんとか5千人を動員しようと言ってたんですけど……。
いとう:夢のようだよね。
上田:もう意味が分かんないですよね。
いとう:そうだよね、実感が湧かないよね。
上田:こうやってテレビに出るとかも初体験ですし……。
中井:公開して“バズり始め”ってあるじゃないですか。
いとう:ガツンと来たときね。
中井:“あ、これはちょっと……”と思った瞬間って、何してたんですか。
上田:何してた(笑)。
いとう:(笑)何してたの、風呂入ってたの?
上田:最初の1週間はエゴサーチして、なんとか全部追ってたくらいだったんですよ。でも、2週目からはエゴサーチしても感想が追いきれないぐらいになったんで……。
中井:なんかおかしいな、って思ったのはいつだったんですか。
上田:たとえば、このTシャツを着てる人と街ですれ違ったりとか。
中井:えー、すごーい!
いとう:なるほど。
上田:うわっ!と思って。
いとう:嬉しいよね。
上田:『カメラを止めるな!』の半券が駅に落ちてたりとか(笑)。自分の生活の中に突如『カメラを止めるな!』が現れたときに、これはちょっとスゴいことになってきたぞ、っていう。
いとう:っていうか、2館のときにド頭から満席だったの?
上田:そうですね。
いとう:なんでだろうね。ド頭はまだ誰も知らないわけじゃん。
上田:公開が決まって半年ぐらい、僕とキャストで本当に草の根的にビラを配りに行ったり……。
いとう:それだわ、それが効いたんだ。
上田:みんなもう、ツイッターのリツイートも分かんないような奴が多かったんですけど。録音の人まで居酒屋に“観てください!”って言ってもらいに行ったりとか。
いとう:嬉しいねー。素敵だよ。素晴らしい、素晴らしい。
中井:みんなで作ってる感がすごい素敵ですね。
上田:スタッフ、キャスト全員が半年ぐらいずっとこの映画を好きでいてくれて、声を上げ続けてくれて。2館から何百館っていう、それも奇跡ですけど、まずスタッフ、キャスト全員が好きで、半年間ずっと声を上げ続けて……そういう映画がまずないだろ、ってのは思いましたね。
いとう:みんなで一緒に新しいものがどんどん出来ていくと素晴らしいね。
上田:そうですね。
中井:すごーい。なんか撮ってほしいー。
上田:だから、これから撮りましょう。
いとう:そうだ、これから撮るんだ。映画撮影いこうよ!
中井:そうだった、そうだった!

 『白昼夢』は、中井りかといとうせいこうがその道のエキスパートに会って話を聞いた後、実際にその人物とコラボするのがお決まりのパターン。対談の後、現場で上田監督がこれから撮る短編ゾンビ映画の内容を2人に説明したり、衣装の準備(地面に擦り付けたり、血糊で汚したり)やリハーサルをする様子が断片的に紹介される。キャストには中井&いとうに加え、『カメラを止めるな!』で主役の親子を演じた濱津隆之と真魚、そして、超いい加減なプロデューサーを演じた竹原芳子(松金よね子が関西人化したような怪優)の3人が特別参戦。撮影、録音、特殊メイクのスタッフまで『カメ止め』の上田組という徹底ぶりだ。監督の“カット! OK!”の声が掛かるラストシーンの撮影風景が紹介された後、CMを挟んで、遂に上田慎一郎監督・脚本による撮り下ろし短編『白昼夢 OF THE DEAD』の本編が放映された。


Daydream_of_the_dead3.jpg
白昼夢 OF THE DEAD(2018)
監督:上田慎一郎
撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
特殊メイク:下畑和秀
出演:中井りか、いとうせいこう、真魚、濱津隆之、竹原芳子

【STORY】
 「繰り返します、繰り返します。屋内に避難し、絶対に外に出ないようにしてください。万が一“それ”が侵入してきた際は、頭を完全に破壊してください。感染は日本全土に広がっており……」──ラジオから警報が流れ、白昼の街には救急車のサイレン音が響き渡る。ゾンビの襲撃を逃れて廃墟の屋上に潜伏中の父せいこう(いとうせいこう)と娘りか(中井りか)。ひとつのパンをちぎって分け合っていた2人の前に、バリケードを破って侵入者が現れる。それは、同じくゾンビから逃れてきたりかの同級生、真央(真魚)とその父親の隆之(濱津隆之)だった。せいこうは隆之が腕を負傷していることに気付く。逃げる途中でゾンビに噛まれたのだ。ゾンビに噛まれた者は直にゾンビ化してしまう。真央に拳銃を渡し、自分を撃ち殺すよう迫る隆之。うろたえる娘を前に、彼は幼い日の可愛い我が子の思い出を語り始めるが、次の瞬間、真央は問答無用で父親を射殺する。せいこう「今、結構いい思い出話を……」。真央「いつゾンビになるか分かんないから、すぐ判断しないと!」。
 そこへ突然、おかっぱ頭のゾンビ女(竹原芳子)が襲いかかる。次々と首筋を噛まれるせいこうと真央。苦闘の末、なんとか鉄パイプでゾンビ女の頭を破壊したりかだが、安心したのも束の間、今度はゾンビになったせいこうが現れる。しかし、ゾンビ化の途中でまだ人間の意識が残っている彼は、りかに自分を撃ち殺すよう懇願する。りかが躊躇しているところへ、同じく半ゾンビ化した真央が登場。もみ合いになった末、真央を射殺するせいこう。彼はりかに「生きろ!」と言い残し、銃口をくわえて自ら引き金を引く。りかだけを残し、屋上にはゾンビどもの血まみれの死骸が静かに横たわるのだった……。

 『白昼夢 OF THE DEAD』は、『カメラを止めるな!』冒頭の映画内映画と同様、ワンカットで撮影された8分間のゾンビ映画。上に書き起こしたあらすじは全体のおよそ9割までで、実はこの後に大きなオチがある。“完全ネタバレ仕様”と冒頭で書いたが、そこだけは未見の人のために伏せておきたい。ただ、ネタバレしないようにはっきり言ってしまうと、この作品のオチはジョン・ランディス監督『Thriller』(1983)と全く同じである。2ヶ月前の鑑賞記でも書いたが、私は『カメラを止めるな!』を『Thriller』のような作品だと思っていたので、この符合は非常に腑に落ちるものだった。“白昼夢”という番組名に掛けたとても粋な筋書きだと思う。ただ単に番組名をタイトルに入れただけだと思っていた私は、“白昼夢ってそういうことか!”と最後に唸らされた。

Daydream_of_the_dead4.jpg
ゾンビ役の竹原芳子。“事務所的にNG”はこの人にはあり得ない。プロフェッショナル!

 真魚と濱津隆之が演じる親子は『カメラを止めるな!』の親子のキャラそのままだし、竹原芳子のゾンビ役もレッドカード並みのハマり具合。『カメラを止めるな!』の世界と地続きになった、まさにスピンオフと呼ぶに相応しい作品である。個人的には、真魚が濱津を容赦なく射殺するくだりのちょっとベタなコメディ演出が、両者の演技の切れ味も含めてお気に入り(当たり前だが、いとう&中井に較べると演技の質が全然違う)。飛び散った血糊がカメラのレンズに付いてしまうアクシデントも実に『カメ止め』的だ。血糊がレンズに付着するアクシデントは、序盤の濱津の射殺場面と終盤の真魚の射殺場面の計2箇所で起きている。序盤で画面中央にポツンと付いた一滴は単に目障りでしかない明らかな汚点(失敗)だが、それもまた、何があっても続行するしかないワンカット撮影のスリルや面白さを視聴者に分かりやすく伝えたのではないかと思う。

 私が最もしびれたのは、クライマックスのいとうせいこうの拳銃自殺場面(背後の壁にドバッと飛散する血)と、血の海で横たわるゾンビたちをカメラがゆっくり舐めるように捉えていくエンド・クレジット場面。特に後者は、スタンリー・キューブリック監督『現金に体を張れ』(1956)終盤の銃撃戦場面(あっという間に死体と化した強盗たちの姿をワンカットで次々と捉えていく)を思わせるクールさで、見事な出来だった。真魚、濱津、竹原の気合いの入った壮絶な死にっぷりも、さすが『カメ止め』キャストと思わせる。深夜帯とはいえ、地上波のバラエティ番組でこれだけ容赦ない血まみれのバイオレンス描写を見せてくれたのだから、映画ファンとして純粋に嬉しい。これらを目にして、私は心の中で思わず“やったぜ、上田!”とガッツポーズをしてしまった(日本の一般人がなんで拳銃を所持しているんだ……という疑問が湧かないでもないが、そこは問わないでおこう。『カメ止め』に登場しない武器ゆえ、違いを出す点でも拳銃の使用は良かったと思う)

Daydream_of_the_dead5.jpg
撮影終了後、現場でプレイバックを見ながら盛り上がるキャストとスタッフ一同

 という具合に映画的興奮に溢れた8分間だったのだが、この『白昼夢 OF THE DEAD』という短編それ自体は、『カメラを止めるな!』冒頭の37分間の映画内映画(正確には、映画内テレビ番組)と同様、結局のところ“ワンカット撮影で頑張ったB級ゾンビもの”に過ぎない。もちろん、それなりに十分面白いのだが、飽くまで“それなりに”である。『白昼夢 OF THE DEAD』の真の面白さは、それが『白昼夢』という30分番組の中に組み込まれた“テレビ番組内映画”になっている点にある。

 『白昼夢 OF THE DEAD』本編が放映された後、撮影現場でプレイバックを確認するキャストとスタッフたちの様子が紹介される。撮影中に様々なアクシデントが起きていたことがそこで判明する。いとうせいこうと真魚がもみ合いになる終盤の場面では、いとうが予定と違う立ち回りをしてしまったせいで画面に裏方スタッフが映り込みそうになったのを、カメラマンが現場処理で上手くカバーしていた。また、ゾンビ化するために真魚が画面の外でコンタクトレンズを短時間で装着する際、過ってレンズを地面に落としてしまい、その間、演技中のいとうと中井が彼女の登場を待って必死に場を繋いでいたことなどが明らかになる。『カメラを止めるな!』の映画内映画と同様、作品の裏側ではキャストやスタッフたちの様々な奮闘があり、そのリアルなドキュメント性が視聴者に爽やかな感動を与える。『白昼夢』の『カメ止め』特集は、『白昼夢 OF THE DEAD』+メイキングという形で、『カメラを止めるな!』と同じように、皆で力を合わせてひとつのものを作り上げることの素晴らしさや、全力でその瞬間を生きることの大切さを実に楽しく分かりやすく伝えていた。

 “出来としては何%ぐらいですか?”と最後にいとうせいこうから訊かれ、“いやー、120ぐらいじゃないですか”とちょっと照れながら答えた上田監督。粗がないわけではない。失敗したところや、予定と違ってしまった点も多々ある。しかし、諦めずに力を合わせ、最後までなんとか回し切ることができた。様々な失敗や脱線も、後から振り返れば、あたかもそうでなくてはならなかった必然のように感じられる。それらが奇跡のような輝きを放つのは、そのどれもが全力で生きたことの証(ドキュメント)だからだ。奇跡はいつでも全力を尽くす者だけに起きる。“人生はワンカットですからね”という上田監督のキャッチーな締めの言葉がすべてを語っているのではないだろうか。


Daydream_of_the_dead6.jpg

※番組内で放映された上田慎一郎監督の8分の短編『白昼夢 OF THE DEAD』は、フジテレビのYouTube公式チャンネルにて、'18年9月16日深夜の番組終了時から1週間限定で公開。『カメラを止めるな!』DVD/BD化の際に是非とも特典収録を!



関連記事:
Doing It To Death──『カメラを止めるな!』(2018.07.27)
Keep Rollin'!~Reel 1「気になる映画」(2018.07.28)
Keep Rollin'!~Reel 2「予告編」(2018.07.30)

| Cinema Paradiso | 18:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT