2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Stevie Wonder──青き月



 マセーゴの名作『Lady Lady』もこの人がいなければあり得なかった……というわけで、前回の「Black Love」に続き、今度はスティーヴィー・ワンダー『A Time To Love』(2005)収録の名曲「Moon Blue」を和訳する。

 『A Time To Love』は、『Characters』(1987)、あるいは『Hotter Than July』(1980)、もしかすると『Songs In The Key Of Life』(1976)以来と言ってもいいくらいの大傑作アルバムで、'05年に出てから今日まで私はずっと愛聴し続けている。“あと2ヶ月くらいで完成するかも”とスティーヴィー自身が今年5月に語っていた超待望の新作『Through The Eyes Of Wonder』は、それから4ヶ月経った今も一向に出る気配がない。スティーヴィー、もう待てないよ!




 Moon Blue
 (Stevie Wonder/Akosua Busia)
 
 Moon blue, moon blue
 Your hearts just caught up in the moon blue
 
 青き月 青き月
 心を奪う青き月
 
 Moon blue
 Rivers of love you shine
 Bathe me in light sublime
 Flood me with all your glowing heart can give
 
 青き月
 君が注ぐ愛の光明
 無上の光で包んでおくれ
 眩しい愛で満たしておくれ
 
 Moon blue
 Memories bind like chains
 When will you come again
 I wait in darkness for your bright to beam
 
 青き月
 鎖のように連なる追憶
 今度はいつ来てくれる
 暗闇に君の光が差し込むのを待つよ
 
 Cause I'm not afraid of the consequence
 Of being in love with you
 And I'd rather be alone some nights
 Awaiting your full hue
 For though the sun makes bright the day
 My world is dark when there's no you
 You light my skies and make dark night bright day
 Moon blue
 
 君に恋してどうなろうと
 僕は一向に構わない
 色めく君を待ちながら
 一人で幾夜を過ごすとも
 太陽は昼間を照らすけど
 僕の世界は君がいないと真っ暗だ
 君は空を照らし 闇夜を明るい昼にする
 青き月よ
 
 Moon blue
 Your beauty's seen by all
 The yearning of your call
 Travels the world and then makes home my soul
 
 青き月
 万人が眺める美しさ
 君の慕情のいななきは
 世界を巡り 僕の心のよすがとなる
 
 Moon blue
 Lift me to starry heights
 I long to live within your light
 Solace of mind
 My heart is yours for always
 
 青き月
 星空の中へ連れていって
 君の光に包まれて生きたい
 心の癒し
 この心はずっと君のもの
 
 Cause I'm not afraid of the consequence
 Of being in love with you
 And I'd rather be alone some nights
 Awaiting your full hue
 For though the sun makes bright the day
 My world is dark when there's no you
 You light my skies and make dark night bright day
 Moon blue
 
 君に恋してどうなろうと
 僕は一向に構わない
 色めく君を待ちながら
 一人で幾夜を過ごすとも
 太陽は昼間を照らすけど
 僕の世界は君がいないと真っ暗だ
 君は空を照らし 闇夜を明るい昼にする
 青き月よ


Moon_Blue2.jpg

 「Moon Blue」の歌詞は、スティーヴィーの新作を待ち続ける私の心境そのものだ。誰の頭上にも等しく輝き、そっと心を癒してくれる夜空の月。彼の音楽はすべての音楽ファンにとって月であり、心を晴れやかにしてくれる太陽でもある。この世に彼の音楽があることを私は本当に幸せに思う。スティーヴィーには永遠に生き続けてほしい。

 ちなみに、マセーゴはスティーヴィーの65歳の誕生日('15年5月13日)に、彼へのトリビュート作『Stevie: A Tribute EP』を出している。マセーゴの新規ファンの人はそちらもお聴き逃しなく。


TO BE CONTINUED...



関連記事:
7月の歌──Master Blaster (Jammin')(2014.07.02)
Phony PPL──だから僕は月が好き(スマイル大賞2015)(2015.12.31)
King @ Billboard Live TOKYO 2016(彼女たちもスティーヴィー・チルドレン)(2016.05.17)
Prince──イきましょ(「Gett Off」ですれ違ったプリンスとアン・ヴォーグが14年後にスティーヴィー「So What The Fuss」で邂逅)(2016.10.19)
Puma Blue──水の中の月(2018.09.06)

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT