2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Puma Blue──水の中の月



アーティスト名:ピューマ・ブルー Puma Blue
本名:ジェイコブ・アレン Jacob Allen
出身地:サウス・ロンドン
ジャンル:宅録ローファイ・ノワール・ジャズ
似ているアーティスト:チェット・ベイカー Chet Baker、ジェイ・ジェイ・ヨハンソン Jay-Jay Johanson、ツイン・デンジャー Twin Danger、アラ・ニ ALA.NI、バッドバッドノットグッド BADBADNOTGOOD




 Moon Undah Water
 (Jacob Allen)
 
 Innocent bullshit
 warm but not in love
 yeah I see what you are tryna pull
 baby please, don't let yourself think that you
 could get away with it, you sexy lil thing
 
 無垢な小悪魔
 色めいても恋じゃない
 キミの狙いはわかってるとも
 ベイビー このままで済むと思ったら
 大間違いさ 悩ましきものよ
 
 she's just a tease
 completely at ease
 she's just a tease
 
 そそるだけの女
 すました顔で
 そそるだけの女
 
 Oh moon under water
 you would not know what to do with the words
 that you drained from the room
 you flirt, it's dirt, the way you treat your boy
 the poor son, he's so in love with a sexy lil thing
 
 水の中に浮かぶ月よ
 どうしてくれるんだい
 部屋から溢れ出した言葉どもを
 汚ないよ 男を弄ぶそのやり口
 哀れな坊や 悩ましきものに魅せられて
 
 she's just a tease
 completely at ease
 she's just a tease
 
 そそるだけの女
 すました顔で
 そそるだけの女
 
 Oh moon under water
 you could not know what to do if I fell
 & took you to the blue
 so don't speak, don't explain how you could bleed this boy
 he is numb, so in love with a sexy lil thing
 
 水の中に浮かぶ月よ
 どうする気なんだい
 僕がキミと海の中へ落っこちたら
 だから言わないで なんでこいつを虜にしたのか
 男は骨抜き 悩ましきものに魅せられて
 
 (won't you swim with me)
 
 (僕と泳いでくれないか)
 
 a sexy lil thing
 
 悩ましきもの
 
 Oh moon
 with all of your grief
 won't you set these seas aside for me
 so I may lay eyes upon my sweet, sweet moon
 
 月よ
 せめてもの慈悲で
 この海を僕に取っておいてくれ
 我が愛しの月を眺めるために
 
 she's just a tease
 she's such a tease
 she's just a tease
 
 そそるだけの女
 そそるだけさ
 そそるだけの女


PumaBlue2.jpg

 キング・クルール、ロイル・カーナー、コスモ・パイクらと同じ英サウス・ロンドン出身、'17年6月に5曲入りデビューEP『Swum Baby』を発表したピューマ・ブルー。チェット・ベイカー風情のメランコリックなジャズ・ソングを、ラジカセで録ったデモ並みのローファイ・サウンドでベッドルームから直送してくる宅録シンガー・ソングライター。まるでツイン・デンジャーとジェイ・ジェイ・ヨハンソン(同じくチェット・ベイカー似の歌を聴かせるスウェーデンのポーティスヘッド・フォロワー)が合体したような男だ。どう聴いてもブルーに生まれついている。

PumaBlue3.jpg

 ノワール・ジャズにJ・ディラ的なビートをうっすらまぶしたEP『Swum Baby』もスタイリッシュで良いが、今年になって出た2つのシングルが特筆ものの素晴らしさ。マックスウェル「Prettywings」をライがカヴァーしたような甘美なスロー「Only Trying 2 Tell U」('18年1月)で一気にソウル度を上げたのに続き、現時点での最新曲「Moon Undah Water('18年3月。直後に出たカリ・ウチス「Gotta Get Up (Interlude)」と同じネタ使い)では、「Betray My Heart」あたりのディアンジェロと同時に、(自身も影響を公言している)ジェフ・バックリーを思わせる実に官能的でしなやかなジャズ・ファンクを奏でている(このソウル~ファンク感覚はジェイ・ジェイ・ヨハンソンやツイン・デンジャーにはなかった)。すごい切れ味だ。

 “ジェフ・バックリー&ザ・ヴァンガード”な一撃必殺曲「Moon Undah Water」をとにかく聴いてほしい。音質は相変わらずローファイだが、そんなギミックがなくてもピューマ・ブルーのサウンドは十分に魅力的だ。これは是非とも生で喰らいたい。いずれ出るだろうフル・アルバムが楽しみだ。

※“プーマ・ブルー”というカタカナ表記もされているPuma Blueだが、スポーツ用品を売っているわけではないので、ここでは普通に英語読みで“ピューマ・ブルー”と書いた(スポーツ・ブランドのPumaが“プーマ”と表記されるのは、それがドイツの会社で、“puma”のドイツ語読みが“プーマ”だから)。

PumaBlue4.jpg

【ピューマ・クイズ】
本記事に掲載されている4つの画像のうち、「Moon Undah Water」の本物のジャケット画像はどれでしょう(答えはこちら)。



関連記事:
パロディ・ジャケに気をつけろ(ブラック~クラブ・ミュージック編)(ジェイ・ジェイ・ヨハンソン)(2009.05.04)
Kendra Morris──やさしく殴って(ジェイ・ジェイ・ヨハンソン)(2013.03.14)
BADBADNOTGOOD──チョンピーの楽園(2018.01.14)
BADBADNOTGOOD @ Cosmos Records West(2018.01.15)

| Man's Man's Man's World | 01:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT