2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Joan Jett and the Blackhearts──いけないアナタ



 “依存症”の歌。そう言えば、同じくデズモンド・チャイルドの作で、このちょっと後にヒットしたボン・ジョヴィ「Bad Medicine」もそんな歌だった。あれから30年も経ったとは……。




 I Hate Myself For Loving You
 (Joan Jett/Desmond Child)
 
 Midnight, gettin' uptight, where are you
 You said you'd meet me, now it's quarter to two
 I know I'm hangin' but I'm still wantin' you
 Hey Jack, it's a fact they're talkin' in town
 I turn my back and you're messin' around
 I'm not really jealous, don't like lookin' like a clown
 
 真夜中にやきもき あんたはどこ?
 約束したのに もうじき2時
 待ちぼうけだけど まだあんたを心待ち
 ジャック すっかり噂になってるわよ
 あんたがぶらぶらしてる間に私はバイバイ
 妬いてるわけじゃない 笑い者はゴメンなだけ
 
 I think of you every night and day
 You took my heart and you took my pride away
 
 寝ても覚めてもあんたを想う
 あんたは私の心とプライドを奪った
 
 I hate myself for loving you
 Can't break free from the things that you do
 I wanna walk but I run back to you
 That's why I hate myself for loving you
 
 あんたに惚れた自分が憎い
 私はあんたに縛られっぱなし
 でもあんたがいないとやってけない
 そんな自分が憎たらしいのさ
 
 Daylight, spent the night without you
 But I've been dreamin' 'bout the lovin' you do
 I'm over being angry 'bout the hell you put me through
 Hey man, bet you can treat me right
 You just don't know what you was missin' last night
 I wanna see you beggin', say forget it just for spite
 
 夜明け ひとりぼっちで朝が来た
 ずっとあんたに愛されることを夢見てた
 ヒドい思いをさせられてド頭に来てる
 ちょっとは私のこと考えたらどうなの
 昨夜はせっかくのチャンスだったのに
 謝ればいい “いいのよ”って当てつけに言ってやる
 
 I think of you every night and day
 You took my heart and you took my pride away
 
 寝ても覚めてもあんたを想う
 あんたは私の心とプライドを奪った
 
 I hate myself for loving you
 Can't break free from the things that you do
 I wanna walk but I run back to you
 That's why I hate myself for loving you
 
 あんたに惚れた自分が憎い
 私はあんたに縛られっぱなし
 でもあんたがいないとやってけない
 そんな自分が憎たらしいのさ
 
 
 ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツは、'92年に一度、川崎クラブチッタで来日公演を観たことがある(当時のジョーンはそれまでのロングヘアをばっさり切ってショートボブにしていた)。ピストルズのカヴァー「Pretty Vacant」で始まり、MCなしでひたすら曲を連打していくステージ運びだったと記憶する。スマッシュヒット(全米8位)となったこの「I Hate Myself For Loving You」はもちろん、その続編的な最新曲「The Only Good Thing (You Ever Said Was Goodbye)」(デズモンド・チャイルド、ダイアン・ウォーレンとの共作)や、「Cherry Bomb」「Do You Wanna Touch Me」「Crimson And Clover」「Light Of Day」といった代表的なレパートリーは大体やってくれた。コンサート後半、前の曲のエンディングから間髪入れずに「I Love Rock'n Roll」のイントロになだれ込んだ瞬間のジョーンのテンションが凄かったことをよく覚えている。スネアの連打と共にジャンプして1拍目を鋭く踏み込む彼女は、まるで獲物に飛びかかる鷹のようだった。特別な演出など何もなかったが、百戦錬磨のパワーをひしひしと感じさせる素晴らしいショウだった。この人はもう一度、生で観てみたい。


JJ_MJF.jpg

TO BE CONTINUED...



関連記事:
Joan Jett and the Blackhearts──いい音楽(2014.08.12)
The 1958 Club(ジョーン・ジェットも会員です)(2018.04.01)
修羅場(2018.06.25)

| Diva Legends | 00:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT