2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Daniel Caesar──フロイト派、世界を駆ける



ダニエル・シーザー来日公演
代官山 UNIT
2018年3月5日(月)
Open 19:15 / Start 20:00
前売り ¥7,500(税込/別途1ドリンク)

※1月20日(土)10:00よりチケット一般発売


Freudian_Bulgaria01b.jpg

Freudian_Bulgaria02.jpg

Freudian_Bulgaria03.jpg

Freudian_Bulgaria04.jpg

Freudian_Bulgaria05.jpg

Freudian_Bulgaria06.jpg

 ここだよ、ここ!


MONUMENT "1300 YEARS OF BULGARIA", SHUMEN
シュメンのブルガリア建国1300年記念碑

Freudian_Bulgaria07.jpg

Freudian_Bulgaria08.jpg

Freudian_Bulgaria09.jpg

Freudian_Bulgaria10.jpg
“昇れ”と言っているようにしか見えない

Freudian_Bulgaria11.jpg

 ブルガリアのシュメン市、シュメン高原自然公園内にあるイルチェフ・バイル丘の上に、1981年、建国1300周年を記念して建造された巨大記念碑。大地に剣を突き刺した建国者アスパルフ王の像をはじめとする21の彫刻が設置され、7世紀〜10世紀のブルガリア帝国の発展と繁栄が表現されている(参考:ブルガリア・オフィシャル観光サイト。こんな場所にこんなものよく造ったなー。人間ってすごい。

Freudian_Bulgaria12.jpg

 危険です! 良い子は絶対に昇らないように!


HILLOCK OF FRATERNITY, PLOVDIV
プロヴディフの“友愛の塚”

Freudian_Bulgaria13b.jpg

Freudian_Bulgaria14.jpg

Freudian_Bulgaria14b.jpg

Freudian_Bulgaria15.jpg

Freudian_Bulgaria16.jpg

Freudian_Bulgaria17.jpg

Freudian_Bulgaria18.jpg

Freudian_Bulgaria19.jpg

 『Freudian』の内ジャケットに写っているのは、ブルガリア、プロヴディフ市内の公園にある“友愛の塚”と呼ばれる記念碑。バルカン戦争、および、第一次〜第二次世界大戦の戦没者を追悼するため'74年に造られたものだそう(参考:visitplovdiv.com。これまたすごい建造物だ。


Freudian_Bulgaria20.jpg
『Freudian』の裏ジャケ

 『Freudian』のアナログ盤はブルーのクリア・ヴァイナル仕様で、内袋にはきちんと歌詞も掲載されている。さて、来日公演の会場でゲットなるか?


更新('18年2月27日)
 3月5日に代官山UNITで予定されていたダニエル・シーザーの初来日公演は“不測の事態により”中止となった。同じくLive Nation Japanの招聘で3月8日にLIQUIDROOMで予定されていたジェネイ・アイコ初来日公演も中止に。何なんでしょう、この体たらくは。公演一週間前のドタキャンだけに、ミゲルの初来日公演('15年11月3日@新木場STUDIO COAST)が中止になったとき以上のショック。ダニエル・シーザーがこのタイミングで日本に来ること自体、最初から半信半疑だったが……本当にガックリだ。詳細はLive Nation Japanのサイトで。




関連記事:
Daniel Caesar──S.A.D.E.大賞2017(2017.12.30)
BADBADNOTGOOD──チョンピーの楽園(2018.01.14)
BADBADNOTGOOD @ Cosmos Records West(2018.01.15)

| Man's Man's Man's World | 10:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT