2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Willow──夢見る少女じゃいられない



 デビュー曲「Whip My Hair」(2010)から7年。かつて元気に髪を振り回していたあのじゃりん子ウィロウが、いつの間にか立派な少女に成長していた。

 '17年10月31日、彼女の17歳の誕生日に発表された2ndアルバム『The 1st』(2ndなのに“1st”)が素晴らしい。2年前にインディー・ポップ/R&B路線の『Ardipithecus』(2015)という風変わりな1stアルバムを出していたウィロウだが、翌年末の3曲入りEP『Mellifluous』(2016)から彼女はギターを弾き始めた。その延長線上にある今回の実質的デビュー作(と言っていいだろう)は、アコギやエレキ・ギターに加え、バイオリン、チェロ、ピアノ、フルートなどのクラシック楽器を大々的に取り入れたチェンバー・フォーク・ロック調の作品。そのオルタナ志向はデヴ・ハインズとクロイー×ハリーが客演している点にも顕著だが、より具体的に言うと、彼女はリースやアリス・スミスに非常に近いオルタナ道を歩んでいる。危うさを孕んだウィロウの感情的な歌声と、理知的で繊細な室内楽サウンドのバランスが絶妙で、少々荒削りながらも、十代の少女の所信や心の揺らぎを鮮やかに捉えた実に瑞々しい作品に仕上がった。ほぼアコギの弾き語りで歌われる最後の2曲には確実に大器の片鱗がうかがえる。

 以下に『The 1st』の最終曲「Romance」の歌詞を和訳する。十代の黒人少女が「Imagine」を「Working Class Hero」の生々しさで歌っている。大騒ぎで走り回っていた姪っ子が、久しぶりに法事で会ったら、文学や時事問題について語るやけにしっかりした子になっていた……みたいな驚きを私は今回覚えた。“ウィル・スミスの娘”という肩書きさえなければ、このアルバムはもっと評価されるはずだ。




 Romance
 (Willow Smith)
 
 Romance doesn't exist
 It's a hoax to trick your mind into thinking perfection exists
 Or the absence of suffering
 Stop leading girls to the clouds above
 Its so distracting
 We can't focus on self love
 
 ロマンスは存在しない
 それは完璧なものがあると錯覚させる幻か
 その場限りの慰め
 女の子たちを浮かれさせないで
 心を奪われて
 自己愛は見過ごされる
 
 Morality doesn't exist
 Its a construct we breed into children who see
 We create our paradigms
 We create all our lives
 Ancient biology
 Evolving psychology
 Is all here
 In this moment
 
 道徳は存在しない
 それは敏感な子供たちに刷り込まれる概念
 私たちはパラダイムを作り
 日々の生活を営む
 古代の生物学も
 進んだ心理学も
 すべてある
 今ここに
 
 I want to know you like I know myself
 But it would be just as confusing and hell
 I'm imagining a different history
 
 自分のようにあなたを知りたい
 でもそれは途方もなく大変なことだろう
 私は違う歴史に想いを馳せる
 
 Imagine us in a field
 Feasting on mountains that stretch very far
 Where the sky is the color of bruises and cuts
 Oozing and bleeding all over the sun
 
 想像してみて
 雄大な山脈を仰ぎ見る草原の私たち
 空はアザと切り傷の色に染まり
 滲んだ血が太陽を覆っている
 
 Slowly
 Your hand
 Caressing my thigh
 Slowly
 Your eyes
 Connecting with mine
 (Ooo)
 Lays me gingerly
 On my back
 The foliage consumes me
 I'll never make it back
 To this moment
 
 ゆっくりと
 あなたの手が
 私の腿を撫でる
 ゆっくりと
 あなたの目が
 私と通じ合う
 (ああ)
 私を慎重に
 仰向けに寝かせる
 枝葉が私を覆い尽くす
 私は二度と戻らない
 この場所に
 
 I want to know you like I know myself
 But it would be just as confusing and hell
 I'm imagining a different history
 
 自分のようにあなたを知りたい
 でもそれは途方もなく大変なことだろう
 私は違う歴史に想いを馳せる
 
 Where men and women stay equal
 In the eyes of society
 Where we don't condemn different people
 For exercising their freedom
 Where sex stays sacred
 And act of divine love
 And not perverted
 Into violence and lust
 Where we still honor our mother
 In all of her burgeoning light
 Where we do not kill our brothers
 Or rape our sisters
 Or enslave any life
 
 男性と女性が平等に
 社会で生きる世界
 異なる人々が自由を行使しても
 責められない世界
 セックスが神聖で
 崇高な愛の行為で
 暴力や欲望に
 堕することのない世界
 眩い光で包んでくれる
 母への感謝を忘れない世界
 人々が兄弟を殺したり
 姉妹をレイプしたり
 誰も奴隷にすることのない世界


Willow2.jpg
The 1st
Digital: Roc Nation Records, 31 October 2017

Boy / The Awkward Life Of The Awkward Girl [composed by Simi and Haze] / And Contentment / Ho' ihi / Israel / Oh No! [feat. Dev Hynes] / Warm Honey / Human Leech / Lonely Road [feat. Chloe x Halle] / A Reason / Romance

Willow3.jpg



関連記事:
夏のユル&B特集【2】──Blood Orange(2014.08.26)
Chloe x Halle──響(2016.04.15)
Blood Orange──君は失格さ(2016.05.20)
Chloe x Halle = Dreaming(2017.10.26)
Chloe x Halle──雨乞い(2017.10.27)

| Diva Legends | 18:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT