2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

≫ EDIT

Models──バルバドス



 前々回前回の2度にわたって’80年代オーストラリアの様々なアーティストをプレイリストで紹介した。Spotifyを駆使して同国の広大な砂漠を掘り、今まで存在すら知らなかったバンドや歌手の埋もれた傑作をたくさん発見したのだが、その中でひとつびっくりするような宝石を見つけたので紹介したい。拙プレイリスト『Stimulation: 80s Australian Funk-Pop Gems』にも収録したモデルズの「Barbados」という曲である。

 モデルズは’70年代末にメルボルンで結成されたロック・バンドで、メンバーチェンジを経ながら’80年〜’86年に計5枚のアルバムを発表した。代表作は’85年の『Out Of Mind Out Of Sight』(全豪3位/全米84位)で、同アルバムからは「Out Of Mind Out Of Sight」(全豪1位/全米22位)、「Barbados」(全豪2位)という2つの大ヒット曲が生まれた。前者はアメリカでも中ヒットしたが、「Barbados」はオーストラリアとニュージーランドのみでのヒットで、日本を含め、その他の国ではほとんど知られていない曲である。

 「Barbados」を書いたのはバンドのヴォーカリスト兼ベーシスト、ジェイムズ・フロイド。タイトル通り、カリビアン風の味付けがされたリゾート感漂うミッドテンポの心地良い曲なのだが、歌詞はかなりダークだ。フロイドは重度のアルコール中毒だったそうで、この曲には酒に溺れて現実逃避する自分と、その状況から抜け出そうともがく様子が歌われているようだ。つまり、話者の“僕”は、太陽が降り注ぐバルバドスという楽園に実際にいるわけではなく、アルコール中毒という地獄の中でその地を夢想しているのである。

 残念ながら、ジェイムズ・フロイドは’10年に自殺で亡くなった(享年51歳)。「Barbados」は、彼が残した切なくも美しい名曲である。この1曲で彼の名は私の胸に深く刻み込まれた。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 20:00 | TOP↑

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月