2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

≫ EDIT

Club Nouveau──まかせなさい



 2018年も目まぐるしく過ぎ、あっという間に大晦日になってしまった。何も片付いていない気がするが、終わり良ければすべて良しということで、最後にとびきりの名曲を訳して一年を締め括ることにしたい。

 ’87年前半に全米1位の大ヒットを記録したクラブ・ヌーヴォーの「Lean On Me」(1986)。ご存じ、ビル・ウィザーズの’72年の名曲をゴーゴー仕立てでファンク化したオリジナル超え(当ブログ比)の名カヴァーである。

 ゴーゴー・ビートは、じきに登場するニュー・ジャック・スウィングやグラウンド・ビートの雛型にもなった、強いスウィング感(跳ね感)を伴うミッドテンポのファンク・ビート(例:Run-DMC「Is It Live」)。ファンクとヒップホップを接続し、’90年代のポップ・ミュージック全体のグルーヴを決定づけたと言っても過言ではない黒人音楽の定番中の定番ビートである。そのゴーゴーで生まれ変わったクラブ・ヌーヴォー版「Lean On Me」は、後のヒップホップ・ソウル、あるいは10年後のニュー・クラシック・ソウルの萌芽のような実に瑞々しい作品だった。当時このユニットに在籍していたフォスター&マッケルロイの2人は、その後、トニ・トニ・トニやアン・ヴォーグを世に送り出し、プロデューサーとして実際に’90年代R&Bを切り開いていくことになる。

 クラブ・ヌーヴォーの「Lean On Me」は、同年のロジャー「I Want To Be Your Man」の大ヒットと共に私の脳裏に強く焼きついている。リアルタイム世代の中にはビル・ウィザーズのオリジナル版よりクラブ・ヌーヴォー版の方に思い入れがある人が圧倒的に多いと思うが、私もその一人だ。モノクロの古いダンス映像を散りばめたセピア調のノスタルジックなMVも、古くて新しいこのカヴァー曲によく合っていた。私はこのMVがYouTubeで公式にアップされる日をずっと待っていたのだが、今年の10月、Tommy Boyの公式チャンネルで遂に高画質版が公開された。感無量である(もう50回くらい観た)

 ビル・ウィザーズのこの友愛ソングは、黒人コミュニティを強く意識して書かれたものに違いないだろうが、世界中の誰にとっても、いつの時代にも意味を持ち得る本当に普遍的な名曲である。多くの自然災害に見舞われ、“今年の漢字”に“災”が選ばれた日本の’18年を締め括るのにも相応しい1曲と言えるのではないか。「Lemon」や「U.S.A.」もいいが、こういう洒脱でカッコいい助け合いの歌が日本でも生まれ、多くの人に支持されればいいと思う。

 では、どちら様も良いお年を。Keep Rollin’!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 18:00 | TOP↑

≫ EDIT

Dem Atlas──S.A.D.E.大賞2018



 独自のソウル・ミュージックをエレガントかつ果敢に追求しているアーティストに贈られるS.A.D.E.大賞。'18年の受賞者は、10月にアルバム『Bad Actress』を発表したアメリカのシンガー・ソングライター、デム・アトラスさん(26)に決定した。

 '18年S.A.D.E.大賞のノミネートは以下の通り。

≫ Read More

| S.A.D.E. Prize | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

Revolutions Underwater



 革命は水面下で起きている。

≫ Read More

| Diva Legends | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

Little Glee Monster──スマイル大賞2018



 このブログでは毎年末(12月30日)S.A.D.E.大賞という年間最優秀賞を発表しているが、それとは別に“スマイル大賞”という特別賞がある。一年を通して多くの人に微笑みを与えたことを讃える賞で、該当するアーティストや曲があった年に限って私が勝手に贈っている。もともとマイケル・ジャクソンのために作った賞で’14年、受賞曲「Love Never Felt So Good」)、その後はフォニー・ピープル’15年、受賞曲「Why iii Love The Moon」)しか獲っていなかったが、今年はその受賞に相応しいグループがいる。

 2018年スマイル大賞は、日本の女性ヴォーカル・グループ、Little Glee Monster。受賞曲は、コカ・コーラの年間イメージ・ソングになった彼女たちの12枚目のシングル曲「世界はあなたに笑いかけている」である。

≫ Read More

| Diva Legends | 23:50 | TOP↑

≫ EDIT

Keep Rollin'!~Reel 24「走る人 決勝」


≫ Read More

| Keep Rollin'! | 00:05 | TOP↑

≫ EDIT

Ay 新国立劇場



 12月18日(火)午後。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 04:30 | TOP↑

≫ EDIT

Keep Rollin'!~Reel 23「走る人 準決勝」


≫ Read More

| Keep Rollin'! | 00:05 | TOP↑

≫ EDIT

Joel Culpepper──俺の愛は王さま級(My love is king)



 シャーデーを探す男、その2。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:10 | TOP↑

≫ EDIT

Peabo Bryson──シャーデーを探して



 シャーデーを探す男、その1。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 03:00 | TOP↑

≫ EDIT

Keep Rollin'!~Reel 22「謎の物体」


≫ Read More

| Keep Rollin'! | 00:05 | TOP↑

≫ EDIT

Masego──おいらのお気に入り



 MASEGO is my favorite ting!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 22:50 | TOP↑

≫ EDIT

Keep Rollin'!~Reel 21「スターゲート」


≫ Read More

| Keep Rollin'! | 00:05 | TOP↑

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月