2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

≫ EDIT

シルヴィ・ギエム『ボレロ』@NHKホール 2014



 永遠の15分。
 
 アンディ・ウォーホルの話ではない。“15分”とは、モーリス・ラヴェル作曲/モーリス・ベジャール振付『ボレロ』の上演時間のことである。

 この時間のことをどう説明したらいいか分からない。短くはないが、決して長いとは言えない。それは永遠のようであり、一瞬のようでもある。単調で永続的なリズムに支配された祝祭的な時間。赤い円卓の中央に立つ踊り手は“メロディ”、それを取り囲む大勢の踊り手たちは“リズム”を表す。繰り返されるモチーフは少しずつクレッシェンドしていき、やがて極点に達する。その時間はとてつもなく貴重で、美しい。そして、終わってみれば、本当にあっという間だ。まるで人生のようだと思う。

 “人は誰でも15分間だけ有名になれる”。ウォーホルはそう言った。『ボレロ』を鑑賞すると、“人は誰でも15分間だけ生きられる”──そんな風に思えてくる。その15分は“15年”にも“115年”にも相当する。私たちには15分しかない。しかし、少なくとも15分は生きられる。だから、祝おう。そして、生きよう──。

 '14年8月29日(金)、NHKホール。途中に2回の休憩を挟み、3時間以上にも及んだ『東京バレエ団 創立50周年 祝祭ガラ』公演。その最後に登場し、“永遠の15分”を見事に演じたシルヴィ・ギエム。彼女の踊る姿から、私はそのようなメッセージを感じた。本当に美しい時間だった。

 人は誰でも赤い円卓の上に立っている。だから私たちも、彼女のように、与えられた“15分”を力の限り踊らなければいけない。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 05:00 | TOP↑

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月