2014 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 04

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

≫ EDIT

2013年宇宙の旅



 '14年3月2日(日本時間3日)に発表された第86回アカデミー賞で最多7冠──監督賞、視覚効果賞、撮影賞、編集賞、音響編集賞、録音賞、作曲賞──に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督作『ゼロ・グラビティ(Gravity)』(2013)は、“世界よ、これが映画だ”と言うしかない圧倒的な視聴覚体験をさせてくれる全人類必見の素晴らしい作品だった。冒頭13分の驚異のワンカット映像から、観客は地上600kmの宇宙空間に完全に放り出される。無酸素、無気圧、無重力の死の空間から約90分して劇場の座席に帰還した観客は、3Dメガネを外すのも忘れてただただ茫然とし、重力のせいでしばらく立ち上がることもできない。宇宙ってヤバすぎる。宇宙飛行士ってスゴすぎる。自分が生まれた地球って奇蹟すぎる……そんなことを漠然と感じながら。

 『ゼロ・グラビティ』を観ると、スペースシャトル・エンデバー号で'92年と'00年の二度にわたって実際に宇宙へ行った毛利衛さんは、本当に半端なく凄い偉人だと思う。全く、よくあんな場所から生きて還って来られたな……(しかも、二度も!)。“宇宙からは国境線は見えなかった”という名言を残した毛利さんは、以下のようなことも仰っている。

「ジェフに初めて会ったのは、2012年6月でした。彼の音楽を初めて聴いた私は、正直、宇宙で聴きたいものではないと感じました。なぜなら、宇宙ではむしろ自分が地球にいることを感じられるような安心感を得たいからです。彼の音楽は、まさに宇宙そのものを表現していました」

 “ジェフ”というのは、もちろんジェフ・ミルズのことである。前回記事“ジェフ・ミルズの時間旅行”を書きながら、私は映画『ゼロ・グラビティ』と、ジェフ・ミルズが毛利衛さんの協力を得て作ったアルバム『WHERE LIGHT ENDS』(2013)のことを考えていた。上に引用したのは、毛利さんがミルズのアルバムに寄せたコメントの一部である。『ゼロ・グラビティ』に感動した人には、是非、この『WHERE LIGHT ENDS』という作品も知ってもらいたい。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 09:00 | TOP↑

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月