2013 051234567891011121314151617181920212223242526272829302013 07

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

Image Association Game #28

Blade_Runner_chess1b.jpg

≫ Read More

| Image Association Game | 02:14 | TOP↑

≫ EDIT

Everytime it rains〜雨が降るたびに



 今でもオルゴノンの夢を見る
 泣きながら目を覚ます僕
 あなたは雨を作り出そうとしている
 あと一歩というところで
 夢と共にあなたは消えてしまう
 
 父さん あなたはまるで
 暗闇で光る僕のヨーヨーのよう
 特別であるがゆえに危険だった
 だから僕は土に埋めて忘れるよ
 
 雨が降るたびに
 父さんの姿が思い浮かぶ
 お日さまが現れるように
 ああ 何か素敵なことが起こりそう
 いつかはわからないけど
 そう言うだけで起こる気がするんだ
 
 高い頂の上で
 へりから眺めると
 彼らがやってくるのが見えた
 大きな黒い車に乗せられた父さんはとても小さくて
 あの権力者たちを脅かすような人には見えなかった
 
 ヨーヨーは庭に隠したけど
 父さんを政府から隠すことはできない
 ああ 父さん 忘れないよ
 
 息子に任せておいて

≫ Read More

| Diva Legends | 09:40 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #27

≫ Read More

| Image Association Game | 23:10 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #26

≫ Read More

| Image Association Game | 00:51 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #25

≫ Read More

| Image Association Game | 01:07 | TOP↑

≫ EDIT

シャーデー大賞2013を占う



 '13年の〈シャーデー大賞〉は一体誰が獲るのだろう。
 
 “そんな賞あったっけ?”という人に一応説明しておくと、この賞はシャーデーを記念し、独自のソウル・ミュージックをエレガントに追求している(主に女性)アーティストに毎年与えられる音楽賞である。文学界における芥川賞、直木賞などと同じ趣旨の賞だ。今日、設立された。

≫ Read More

| S.A.D.E. Prize | 01:00 | TOP↑

≫ EDIT

時の記念日──エターナル・タイム

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 23:59 | TOP↑

≫ EDIT

Image Association Game #24



Ingrid Bergman
Notorious (1946)
Directed by Alfred Hitchcock


next image
previous image

| Image Association Game | 23:30 | TOP↑

≫ EDIT

続・シャーデーの白いドレスの行方


Sade - Nothing Can Come Between Us (1988)

 '88年ツアーの衣裳についてのアデュの説明──「ジョイア・ミラー・マルコヴィクス Gioia Meller Marcovicz の作。ここ5年くらい私の服を手掛けてるドイツ人女性なんだけど。厚手の木綿のレースで、下に丈の短いズボンを穿いてるの。アーバン・プリンセス・ルック(都会風お姫様ルック)よ(笑)。ジョイアはロンドンのホワイト・チャペルに住んでるんだけど、そこはインド系が多くてね。一緒にぶらぶらとお店を見て回りながら、“よし、アーバン・プリンセス・ルックで行こう”と決めたの」(November 1988, Interview)

≫ Read More

| Diva Legends | 01:35 | TOP↑

≫ EDIT

誰でもアーティスト──スリーヴフェイスの世界


John Coltrane - A Love Supreme (1965)

 “スリーヴフェイス(sleeveface)”という言葉をご存じだろうか。アナログ・レコード盤のスリーヴ=ジャケットを使った面白写真のことを英語でそう呼ぶ(“ジャケ仮面”とでも訳したい)。使われるジャケットは主に人物の顔写真が大きく印刷されているもの──いわゆる“顔ジャケ”──で、これをお面のように自分の顔に当てて写真を撮る。上手く位置を合わせると、ジャケットの顔が自分の顔のように見えて大変に面白い。

 昔からあった遊びではあるが、ネット時代になってこの面白写真は秘かなブームとなり、様々なスリーヴフェイス写真があちこちのサイトに投稿されるようになった。当然、写真のレベルは増していき、中には単なる面白写真を超えて、アート写真の域にまで達しているものもある。スリーヴフェイスはもはやひとつの文化と言ってもいい。

 前々回前回のレコード・ネタ記事に続き、今回は世界中の暇人が撮ったスリーヴフェイスの傑作の数々を紹介することにしたい。音楽ファンなら誰でも無条件で楽しめること請け合いだ。これらを参考に、君も憧れのアーティストに変身してみよう!

※コルトレーン『A LOVE SUPREME』(上)のジャケは、自分の顔に重なるように斜めに持つとタイトルが水平になるように出来ている。スリーヴフェイス用に作られたとしか思えない至上の1枚だ。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 03:38 | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月