2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

Dorothy Dandridge (part 1)

DD1.jpg

 アメリカのアカデミー賞で、黒人として初めて最優秀主演賞にノミネートされた男優は誰か?

 答えは、シドニー・ポワチエ(『手錠のまゝの脱獄』1958)。これは知らなくても割と容易に察しがつくだろう。それから間もなく、彼は『野のユリ』(1963)で黒人初の最優秀主演賞受賞者にもなった。

 さて一方、黒人として初めて最優秀主演賞にノミネートされた女優は誰か?

 それが、このドロシー・ダンドリッジである。ポワチエがノミネートされる4年前、主演作『カルメン』(1954)での演技が評価されてのことである。しかし、彼女は遂に受賞を果たすことはできなかった。

 では、最優秀主演賞を実際に受賞した初の黒人女優は誰だろう?
 答えは後述することにしたい。


 ドロシー・ダンドリッジ(1922~65)は、“黒いマリリン・モンロー”とも言われた、黒人初の国民的ハリウッド・スター女優。ポワチエほど多くの功績こそ残さなかったが、白人支配のアカデミー賞で黒人として初めて主演賞に手をかけ、来るべき新時代への大きな一歩を踏み出したのが彼女だったことは、人々の記憶に永遠に留められるべき重要な事実だ。'54年と言えば、『波止場』『喝采』『麗しのサブリナ』『スタア誕生』『裏窓』などが公開され、映画がまだ娯楽の王様として君臨していた時代。そこで、助演ではなく、主演女優賞(つまり、女王)候補として黒人がエントリーされることがいかに大事件だったかは、当時のアメリカの社会状況を考えれば容易に想像がつく。

 公立学校における人種隔離が最高裁で違憲とされた“ブラウン判決”('54年)、バス座席の人種隔離に抗議したアラバマ州の“モンゴメリー・バス・ボイコット事件”('55年)、人種共学を巡って知事と連邦政府が対立したアーカンソー州の“リトルロック高校事件”('57年)、簡易食堂の白人専用席で黒人学生らが座り込みをしたノース・カロライナ州グリーンズボロの“コーヒー・パーティ事件”('60年)、黒人白人が共にバスで南部を巡り、公共施設での差別に挑んだ“フリーダム・ライド運動”('61年)、そして、20万人以上が参加した黒人解放運動の頂点“ワシントン大行進”('63年)。ドロシー・ダンドリッジのアカデミー主演女優賞ノミネートは、こうした一連の公民権運動激化の流れにおいて、その初っ端に起きた、非常に画期的かつ象徴的な出来事として振り返ることができるのである。

 女優としてのキャリアが有名なダンドリッジだが、しかし、彼女は同時に歌手でもあった。そして、写真を見ても分かる通り、抜群の美人である。
 歌うブラック・ビューティ、黒いセックス・シンボルの偉大な先人としてだけでも、彼女をシャーデーの源流として取り上げる価値は十分だが、ダンドリッジをここで紹介する理由はそれだけではない。実は彼女、シャーデーと同じく「Smooth Operator」というとんでもない曲を歌っているのである。

≫ Read More

| Diva Legends | 02:30 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月