2020 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 06

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黒人音楽ファンのためのサザンオールスターズ【第1集】



 ’19年12月20日に過去作品が一挙にサブスク解禁されたサザンオールスターズ。解禁後、私は2週間程かけて彼らのプレイリストをテーマ別に複数作った。なかなか記事を書けずにいたが、コロナ禍のせいで暇ができたので、ここらでちょっと紹介してみたい。

 まず断っておきたいのは、私はこれまでサザンの熱心なファンでは全くなく、遠い昔にレンタルでいくつかアルバムを聴きかじったり、テレビでシングル曲を軽く耳にする程度のごくライトなリスナーだったということ。彼らのCDは一枚も買ったことがないし、コンサートに行ったこともない。サザンに関する私自身の最古の記憶は、小学生の頃に『ザ・ベストテン』などの歌番組でよく見た「チャコの海岸物語」(をふざけた様子で歌う桑田の姿)や、同じ頃、両親が家でたまに聴いていた「勝手にシンドバッド」「C調言葉に御用心」「東京シャッフル」などの初期のヒット曲。私はそれらが好きだったが、今日まで基本的に洋楽一辺倒の音楽ファン人生を送ってきたため、彼らの作品をまともに聴き込むことはなかった。いつか本格的に掘ってみたいと思っていたところ、彼らの全作品がサブスク解禁。突如として現れた巨大鉱山を前に、私は歓喜と興奮で打ち震えたわけである。

 サザン音源が解禁されて、私はまず彼らの全アルバム/シングルに一通り耳を通し、“これは!”と思う曲をサウンドの傾向によって複数のカテゴリーに振り分けるという作業を行った。以下の5つがその分類。

●’20~’40年代オールド・ジャズ系
●’50~’60年代リズム&ブルース系
●’70年代以降ファンク系(ディスコ、ヒップホップ含む)
●ラテン系
●レゲエ系

 他にロック~ポップス系、バラード系などもあるが、私は彼らの黒人音楽解釈に興味があるので、上記の5つの系統に注目し、個別にLP形式で鑑賞用プレイリストを作成することにした。最も数が少ないレゲエ系の曲をまとめた『JAPANEGGAE』は過去記事で紹介した通り。今回は、アメリカの黒人音楽の影響をガッツリ受けた“黒いサザン”がピンポイントでたっぷり楽しめるその他のプレイリストを紹介する。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 15:30 | TOP↑

≫ EDIT

ビリー・ジョエルは有罪か無実か?



 Daily Playlist紙(’19年10月21日付)1面。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 12:30 | TOP↑

≫ EDIT

Good Times



 ネットで偶然見つけた笑い話。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 20:00 | TOP↑

≫ EDIT

Models──バルバドス



 前々回前回の2度にわたって’80年代オーストラリアの様々なアーティストをプレイリストで紹介した。Spotifyを駆使して同国の広大な砂漠を掘り、今まで存在すら知らなかったバンドや歌手の埋もれた傑作をたくさん発見したのだが、その中でひとつびっくりするような宝石を見つけたので紹介したい。拙プレイリスト『Stimulation: 80s Australian Funk-Pop Gems』にも収録したモデルズの「Barbados」という曲である。

 モデルズは’70年代末にメルボルンで結成されたロック・バンドで、メンバーチェンジを経ながら’80年〜’86年に計5枚のアルバムを発表した。代表作は’85年の『Out Of Mind Out Of Sight』(全豪3位/全米84位)で、同アルバムからは「Out Of Mind Out Of Sight」(全豪1位/全米22位)、「Barbados」(全豪2位)という2つの大ヒット曲が生まれた。前者はアメリカでも中ヒットしたが、「Barbados」はオーストラリアとニュージーランドのみでのヒットで、日本を含め、その他の国ではほとんど知られていない曲である。

 「Barbados」を書いたのはバンドのヴォーカリスト兼ベーシスト、ジェイムズ・フロイド。タイトル通り、カリビアン風の味付けがされたリゾート感漂うミッドテンポの心地良い曲なのだが、歌詞はかなりダークだ。フロイドは重度のアルコール中毒だったそうで、この曲には酒に溺れて現実逃避する自分と、その状況から抜け出そうともがく様子が歌われているようだ。つまり、話者の“僕”は、太陽が降り注ぐバルバドスという楽園に実際にいるわけではなく、アルコール中毒という地獄の中でその地を夢想しているのである。

 残念ながら、ジェイムズ・フロイドは’10年に自殺で亡くなった(享年51歳)。「Barbados」は、彼が残した切なくも美しい名曲である。この1曲で彼の名は私の胸に深く刻み込まれた。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 20:00 | TOP↑

≫ EDIT

クエストラヴの朝まで生プリンス



 ご存じの方も多いと思うが、クエストラヴが4月16日(木)〜19日(日)の4日間にわたってプリンスをテーマにしたDJプレイ動画を生配信した。誰もが知る有名曲から、誰も知らないようなプリンス人脈曲、カヴァー版、レア音源まで、様々なプリンス関連音源をお喋りつきでまったり延々とプレイしていくという、筋金入りのプリンス・マニアらしい濃密な内容だったのだが、そこで彼がどんなコレクターも持っていない──同時に、プリンス・マニア以外のリスナーも驚愕させる──超ウルトラ・レア音源をかけた。それを聴いて私は飲んでいたコーヒーを吹きこぼしてしまった。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 04:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT