2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Today [February 2010]


TODAY
Broadcast: 9 February 2010 (US)
Performance: Soldier Of Love
Personnel: Sade Adu (vocals), Stuart Matthewman (guitar), Andrew Hale (keyboards), Paul S Denman (bass), Ryan Waters (guitar), Pete Lewinson (drums), unknown (snare drum), Leroy Osbourne (backing vocals), Tony Momrelle (backing vocals)

 『SOLDIER OF LOVE』のアメリカ発売日である'10年2月9日、NBCの朝の看板情報番組〈Today〉に生出演。日本で言うと〈とくダネ!〉や〈スッキリ!!〉にシャーデーが出てくるようなものである。朝からテレビでシャーデーが観られるとは、全くアメリカ人が羨ましい。収録順では同日の夜の音楽番組〈106 & Park〉が先だが、放送順では、これが『SOLDIER OF LOVE』期の彼らの最初のテレビ出演となる。世界はここで初めて久々の生シャーデーを目撃した。


today2.jpg
today3.jpg
today4.jpg

 「Smooth Operator」のBGMが流れる中、簡単な紹介を受けて生アデュが画面に登場。朝の番組ということもあってか、モノトーンのセーター&パンツというかなりカジュアルな格好だ。
 パフォーマンスの前に、番組キャスターのメレディス・ヴィエイラによるアデュへの短いインタヴューがある。まずはお約束の質問から。

──前作から10年だけど、今まで何してたの? みんな知りたがってるわ。
「逃亡生活を送ってたのよ(笑)」
──追われてたわけ(笑)?
「まあ、ただ自分の人生を生きて、普通の生活をしながら色々書くことを得ていたのよ」

 次に、13歳の娘(アイラ)がアルバムで歌っていることについて訊ねられ、“最初は緊張してたけどね。でも、よかったわよ。娘は私の人生の一部だし、バンドの世界とも繋がってるわけだから。スチュアートの息子のクレイも参加してて、2人ともよくやってくれたわ”などと話している。

 その後、「Soldier Of Love」のパフォーマンス(曲の前振りの際、いきなりオケのイントロが出てしまい、すぐに止められるという生放送らしい手違いがある)。バンドは、アデュを含め、ほぼ前回ツアーのままの総勢9名。音は完全なカラオケで、アデュのヴォーカルのみ生。

 久々のテレビ出演、しかも、生放送。時折笑みを浮かべて余裕を見せるアデュだが、歌声にはさすがに緊張している様子も窺われる。朝一番のせいか、声はあまりよく出ておらず、特に2回目のサビの高音部分(“I'm love's soldier”)はかなりズッコケ気味だ。観客がいないため、左右に動き回ることもなく、ずっと中央でのパフォーマンス。“Tall I ride”の箇所で見せる、天を指差す銃のジェスチャーがカッコいい。これはこの曲の定番アクションのようだ。

 アデュのすぐ背後には、黒いミリタリー・ジャケットを着たリロイ・オズボーン&トニー・モムレルが仁王立ちしている。彼らには簡単な振付があり、歌いながらPVと似たような軍隊風アクションを見せる。その後ろでギターを銃のように構えるマシューマン、デンマン、ウォーターズ。朝の情報番組ゆえ、至ってシンプルな映像ではあるが、その分、バンド全体のパフォーマンスの様子は分かりやすい。終盤で、ずらりと並ぶメンバーの様子が緩やかなパンで映される場面があるが、この曲にはやはりこういう淡々としたカメラワークがよく合う。

 ちなみに、この曲のパフォーマンスでは、2回目のサビで“Turn it all around”と歌い終わった後、オズボーン&モムレルと3人揃ってくるりと後ろを向くのが決まった振りなのだが、ここでアデュはそれをやり忘れている(歌唱に一杯一杯で、意識的にサボったようにも見える)。隊長、しっかり頼んまっせ。

| TV Appearances | 02:09 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT