2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Daniel Caesar──S.A.D.E.大賞2017



 独自のソウル・ミュージックをエレガントかつ果敢に追求しているアーティストに贈られるS.A.D.E.大賞。'17年の受賞者は、8月にアルバム『Freudian』を発表したカナダのシンガー・ソングライター、ダニエル・シーザーさん(22)に決定した。

 '17年S.A.D.E.大賞のノミネートは以下の通り。


S.A.D.E. PRIZE 2017: NOMINEES AND WINNER
4 those with Soul, Attitude, Dignity, and Elegance

SadePrize2017_01.jpgSadePrize2017_02.jpgSadePrize2017_03.jpgSadePrize2017_04.jpg
SadePrize2017_05.jpgSadePrize2017_06.jpgSadePrize2017_07.jpgSadePrize2017_08.jpg
SadePrize2017_09.jpgSadePrize2017_10.jpgSadePrize2017_11.jpgSadePrize2017_12.jpg
SadePrize2017_13.jpgSadePrize2017_14.jpgSadePrize2017_15.jpgSadePrize2017_16.jpg
SadePrize2017_17.jpgSadePrize2017_18.jpgSadePrize2017_19.jpgSadePrize2017_20.jpg
SadePrize2017_21.jpgSadePrize2017_22.jpgSadePrize2017_23.jpgSadePrize2017_24.jpg
SadePrize2017_25.jpgSadePrize2017_26.jpgSadePrize2017_27.jpgSadePrize2017_28.jpg
SadePrize2017_29.jpgSadePrize2017_30.jpgSadePrize2017_31.jpgSadePrize2017_32.jpg
SadePrize2017_33.jpgSadePrize2017_34.jpgSadePrize2017_35.jpgSadePrize2017_36.jpg
SadePrize2017_37.jpgSadePrize2017_38.jpgSadePrize2017_39.jpgSadePrize2017_40.jpg
SadePrize2017_41.jpgSadePrize2017_42.jpgSadePrize2017_43.jpgSadePrize2017_44.jpg
SadePrize2017_45.jpgSadePrize2017_46.jpgSadePrize2017_93b.jpgSadePrize2017_47.jpg
SadePrize2017_48.jpgSadePrize2017_49.jpgSadePrize2017_50.jpgSadePrize2017_51.jpg
SadePrize2017_52.jpgSadePrize2017_53.jpgSadePrize2017_54.jpgSadePrize2017_55.jpg
SadePrize2017_56.jpgSadePrize2017_57.jpgSadePrize2017_97.jpgSadePrize2017_58.jpg
SadePrize2017_98.jpgSadePrize2017_59.jpgSadePrize2017_99.jpgSadePrize2017_60.jpg
SadePrize2017_61.jpgSadePrize2017_62.jpgSadePrize2017_63.jpgSadePrize2017_64.jpg
SadePrize2017_65.jpgSadePrize2017_66.jpgSadePrize2017_67.jpgSadePrize2017_68.jpg
SadePrize2017_69.jpgSadePrize2017_70.jpgSadePrize2017_71.jpgSadePrize2017_72.jpg
SadePrize2017_73.jpgSadePrize2017_74.jpgSadePrize2017_75.jpgSadePrize2017_76.jpg
SadePrize2017_77.jpgSadePrize2017_78.jpgSadePrize2017_79.jpgSadePrize2017_80.jpg
SadePrize2017_81.jpgSadePrize2017_82.jpgSadePrize2017_83.jpgSadePrize2017_84.jpg
SadePrize2017_100.jpgSadePrize2017_85.jpgSadePrize2017_86.jpgSadePrize2017_87.jpg
SadePrize2017_88.jpgSadePrize2017_89.jpgSadePrize2017_90.jpgSadePrize2017_91.jpg
SadePrize2017_92.jpgSadePrize2017_94.jpgSadePrize2017_95.jpgSadePrize2017_96.jpg

LORINE CHIA X ROMERO MOSLEY
ep WHEN MORNING COMES released 6 January 2017
CHRIS McCLENNEY
ep PORTRAIT IN TWO released 13 January 2017
LOYLE CARNER
album YESTERDAY'S GONE released 20 January 2017
GABRIEL GARZON-MONTANO
album JARDIN released 27 January 2017
OMAR
album LOVE IN BEATS released 27 January 2017
SONDER
ep INTO released 27 January 2017
OLIVIER ST. LOUIS
ep EVER SINCE THE FALL released 3 February 2017
SAMPHA
album PROCESS released 3 February 2017
SINKANE
album LIFE & LIVIN' IT released 10 February 2017
SAM TRUMP
ep LOVE NOTES released 14 February 2017
FÉFÉ
album MAUVE released 17 February 2017
THE PLAYLIST
album CHASING GOOSEBUMPS released 17 February 2017
ODDISEE
album THE ICEBERG released 28 February 2017
FKJ
album FRENCH KIWI JUICE released 3 March 2017
JUPITER & OKWESS
album KIN SONIC released 3 March 2017
KHALID
album AMERICAN TEEN released 3 March 2017
RAVYN LENAE
ep MIDNIGHT MOONLIGHT released 3 March 2017
DAYMÉ AROCENA
album CUBAFONIA released 10 March 2017
KAE SUN
ep CANARY released 10 March 2017
TANGINA STONE
album ELEVATE released 10 March 2017
VALERIE JUNE
album THE ORDER OF TIME released 10 March 2017
CHLOE X HALLE
mixtape THE TWO OF US released 16 March 2017
DRAKE
playlist MORE LIFE released 18 March 2017
WAYNE SNOW
album FREEDOM TV released 23 March 2017
ANTONIO LIZANA
album ORIENTE released 24 March 2017
CARO EMERALD
ep EMERALD ISLAND released 24 March 2017
RAUL MIDÓN
album BAD ASS AND BLIND released 24 March 2017
KENI STEVENS
album OUT OF THE BLUE released 29 March 2017
CHINA MOSES
album NIGHTINTALES released 31 March 2017
LEELA JAMES
album DID IT FOR LOVE released 31 March 2017
MORGAN JAMES
album RECKLESS ABANDON released 7 April 2017
BRAXTON COOK
album SOMEWHERE IN BETWEEN released 13 April 2017
RIC WILSON
ep NEGROW DISCO released 17 April 2017
JACOB BANKS
ep THE BOY WHO CRIED FREEDOM released 20 April 2017
ERIC ROBERSON
ep EARTH released 20 April 2017
PJ MORTON
album GUMBO released 21 April 2017
THECOLORGREY
album REBELATION released 5 May 2017
NIIA
album I released 5 May 2017
BUIKA
ep PARA MI released 12 May 2017
GOAPELE
ep DREAMSEEKER released 19 May 2017
MISS TATI
album FINALLY, TATI released 26 May 2017
CODY CHESNUTT
album MY LOVE DIVINE DEGREE released 2 June 2017
MALI MUSIC
album THE TRANSITION OF MALI released 2 June 2017
SIDEWALK CHALK
album AN ORCHID IS BORN released 2 June 2017
DENAI MOORE
album WE USED TO BLOOM released 16 June 2017
CHARLOTTE DOS SANTOS
ep CLEO released 21 June 2017
MEKLIT
album WHEN THE PEOPLE MOVE THE MUSIC MOVES TOO released 23 June 2017
BILLY MERCURY
album The SOULution released 29 June 2017
ILLA J
album HOME released 30 June 2017
TAWIAH
ep RECREATE released 30 June 2017
KENNETH WHALUM
album BROKEN LAND released 14 July 2017
ROYCE LOVETT
album LOVE & OTHER DREAMS released 14 July 2017
SUDAN ARCHIVES
ep SUDAN ARCHIVES released 14 July 2017
THE APX
album ELECTRIK FUNK released 19 July 2017
ERIC ROBERSON
ep WIND released 21 July 2017
TRE SAMUELS
ep RASPBERRY WINE released 13 August 2017
DOLPHIN
ep HEARTBROKEN SHOGUN released 17 August 2017
ESTER RADA
album DIFFERENT EYES released 23 August 2017
KONA
ep UNCANNY released 24 August 2017
DANIEL CAESAR winner!
album FREUDIAN released 25 August 2017
DAVIE
ep BLACK GOSPEL released 28 August 2017
PIERRE KWENDERS
album MAKANDA AT THE END OF SPACE, THE BEGINNING OF TIME released 8 September 2017
RENEE DION
album HAVEN released 14 September 2017
LIZZ WRIGHT
album GRACE released 15 September 2017
RAYANA JAY
ep MORNING AFTER released 15 September 2017
SANANDA MAITREYA
album PROMETHEUS & PANDRA released 15 September 2017
SANDRA NKAKÉ
album TANGERINE MOON WISHES released 15 September 2017
SON LITTLE
album NEW MAGIC released 15 September 2017
JORDAN RAKEI
album WALLFLOWER released 22 September 2017
LEDISI
album LET LOVE RULE released 22 September 2017
MOSES SUMNEY
album AROMANTICISM released 22 September 2017
BENJAMIN CLEMENTINE
album I TELL A FLY released 29 September 2017
IBEYI
album ASH released 29 September 2017
KAMASI WASHINGTON
ep HARMONY OF DIFFERENCE released 29 September 2017
KEYON HARROLD
album THE MUGICIAN released 29 September 2017
ZARA McFARLANE
album ARISE released 29 September 2017
AYO
album AYO released 6 October 2017
MELANIE DE BIASIO
album LILIES released 6 October 2017
SARAH ELIZABETH CHARLES
album FREE OF FORM released 6 October 2017
AARON ABERNATHY
album DIALOGUE released 16 October 2017
ERIC ROBERSON
ep FIRE released 20 October 2017
JESSIE WARE
album GLASSHOUSE released 20 October 2017
SNOH AALEGRA
album FEELS released 20 October 2017
SIDIBE
album I'M ONLY DREAMING released 25 October 2017
AUSTIN BROWN
ep CANYON SESSIONS released 27 October 2017
BIG K.R.I.T.
album 4EVA IS A MIGHTY LONG TIME released 27 October 2017
COURTNEY PINE
album BLACK NOTES FROM THE DEEP released 27 October 2017
CURTIS HARDING
album FACE YOUR FEAR released 27 October 2017
DEVA MAHAL
ep DEVA MAHAL released 27 October 2017
GREGORY PORTER
album NAT KING COLE & ME released 27 October 2017
KEZIAH JONES
ep RUGGED COVERS released 27 October 2017
WILLOW
album THE 1ST released 31 October 2017
JODIE ABACUS
ep MILD CARTOON VIOLENCE released 3 November 2017
LALAH HATHAWAY
album HONESTLY released 3 November 2017
AMP FIDDLER
album AMP DOG KNIGHTS released 10 November 2017
THECOLORGREY
ep IN BETWEEN PHASES released 10 November 2017
XAVIER OMÄR
ep PINK LIGHTNING released 17 November 2017
NTJAM ROSIE
album BREAKING CYCLES released 24 November 2017
MIGUEL
album WAR & LEISURE released 1 December 2017
ANDY ALLO
ep THIS CHRISTMAS released 4 December 2017


 2017年のS.A.D.E.大賞は激戦だった。誰も一等賞を与えないようなオルタナティヴな立ち位置の優れたアーティストを積極的に称える、というS.A.D.E.大賞選考委員会の基本方針のもと、多くの候補の中から最終選考に残ったのは、(作品発表順に)カラーグレイ TheColorGrey(ベルギー)ミス・タティ Miss Tati(ノルウェー)、メクリート Meklit(エチオピア/アメリカ)タウィア Tawiah(イギリス)、レネイ・ディオン Renee Dion(アメリカ)、ダニエル・シーザー Daniel Caesar(カナダ)、ピエール・クウェンダーズ Pierre Kwenders(コンゴ/カナダ)ベンジャミン・クレメンタイン Benjamin Clementine(イギリス)アヨ Ayo(ドイツ/ナイジェリア)ウィロウ Willow(アメリカ)の10組。

 大賞には当初、一昨年のS.A.D.E.大賞でブイカに惜敗したベンジャミン・クレメンタインが最有力視されていたが、大幅にアート・ロック色を強めた彼の2nd『I Tell A Fly』は、野心的な力作ながらも、1stにあった普遍性が大きく失われてしまった点が評価を分け、彼への授賞はまたしても先送りされた。英ラッパー、ゴーストポエットの最新作『Dark Days + Canapés('17年8月18日発表)が良い例だが、いくらオルタナティヴでも、あまりにも黒人音楽から離れてしまうと、“ソウル”が第一条件のS.A.D.E.大賞では評価がしづらくなる(完全にロック化したゴーストポエットの同作は今年のノミネートからも外れている)。委員会内では“女王はメクリートだ!”、“いや、アヨに獲らせろ!”、“レネイ・ディオンは'17年のシャーデーだ!”、“アンプ・フィドラーがドープすぎる!”などなど様々な意見があったようだが、最終的に最も多くの票を集めたのは、'10年代のインディー/オルタナR&B感覚とオーセンティックなソウル感が完璧に融和したダニエル・シーザーの『Freudian』だった。


フロイト派宣言──『Freudian』を分析せよ!

Freudian01.jpg
Freudian
Digital: Golden Child Recordings, 25 August 2017

Get You [feat. Kali Uchis] / Best Part [feat. H.E.R.] / Hold Me Down / Neu Roses (Transgressor's Song) / Loose / We Find Love / Blessed / Take Me Away [feat. Syd] / Transform [feat. Charlotte Day Wilson] / Freudian

Produced by Jordan Evans, Matthew Burnett, Alex Ernewein, Jordon Manswell, Riley Bell

 ダニエル・シーザー('95年4月5日生まれ)は、カナダのオンタリオ州オシャワ出身のシンガー・ソングライター。'14年、19歳で発表したデビューEP『Praise Break』が米Rolling Stone誌による同年の年間ベストR&Bアルバム選で19位に選出され、注目を集める。'15年の2nd EP『Pilgrim's Paradise』を経て、'16年秋発表のシングル「Get You」がApple MusicやSpotifyで爆発的な再生数を記録し、一気にブレイクした。昨年のS.A.D.E.大賞受賞者のマセーゴと同じく、彼も大手レーベルに属さず、配信のみで作品を発表して人気を集める今どきのインディー・アーティストのひとり。今年8月に自主レーベルから発表された『Freudian』は、出世作「Get You」を含む彼の初のフル・アルバムである。

 ダニエル・シーザーの活動拠点であるカナダのトロントは、ドレイクやザ・ウィークエンドを輩出したことで知られる、オルタナティヴR&B──いわゆる“アンビエントR&B”──のメッカのような街である。ダニエル・シーザーも基本的には同じ流れから登場したアーティストだが、彼の音楽はドレイクやザ・ウィークエンドのそれとはまたちょっと違う。『Freudian』は一体どういう作品なのか?

Freudian02.jpg
『Freudian』はアナログ盤も作られている(映画のクレジットを模した裏ジャケのデザインが秀逸)

 “Freudian(フロイト派)”というアルバム・タイトルは、精神分析家のジークムント・フロイトに由来する。フロイトは“人間のあらゆる精神活動の根源は性欲である”という考えを示したエロい……もとい、エラい学者である。実際、『Freudian』はセクシーで官能的な作品だ。ダニエルが自分のアルバムを“フロイト派”と名付けたのは、それが性的な事柄と密接に関係していることを示すため、あるいは、彼にとってこのアルバムが一種の自己セラピー、または“夢判断”的な意味を持つものだからかもしれない(ダニエルが巨大建造物の斜面を昇っているシュールなジャケット写真は、ヒッチコック『白い恐怖(Spellbound)』でダリが美術を手掛けた夢場面を彷彿させる)

 『Freudian』という作品を説明するために、ここで私はフロイトの考えに対して、“人間のあらゆる創作物の根源は既存の作品である”という考えを示すことにしたい。人が創作を行うとき、そこでは過去の他人の作品が意識的、ないしは無意識的に参照され、必ず何らかの形で影響を与えるのではないか。ここではその仮説に基づき、ダニエルを触発したアーティストを推測することによって、『Freudian』という作品の性質を明らかにしたい。


10 MUSICAL LIBIDOS THAT HAVE DRIVEN "FREUDIAN"
──『Freudian』を支配する10の音楽的リビドー


Freudian03.jpgFreudian04.jpg
Frank Ocean

 『Freudian』を触発したアーティストとしてまず思い浮かぶのは、何と言ってもフランク・オーシャンである。ご存じ、ドレイクやザ・ウィークエンドに続いて登場した米ルイジアナ州出身、オッド・フューチャー発のオルタナR&B歌手。ぼそぼそと呟くようなダニエル・シーザーの地声と、脱力しきった官能的なファルセットの響きは彼にそっくりだ。『Freudian』はミディアム〜アップがひとつもなく、全10曲がスロージャムという極端なアルバムだが(これはデビューEPから続くダニエル作品の大きな特徴でもある)、どこまで行っても目が覚めない徹底的にダウナーな曲調や、エレキ・ギターのブルージーでレイドバックした伴奏もフランク・オーシャン──特に2nd『Blonde』(2016)──によく似ている。実際、アルバム最終曲「Freudian」には、『Blonde』の最終曲「Futura Free」──母親への呼びかけで始まる歌詞を持つ──へのオマージュと受け取れる箇所がある(同郷トロントのラッパー、ショーン・リオンによる母親への呼びかけを終盤に挿入。フランク・オーシャンと同じく、彼の声はエフェクトで甲高くなっている。曲が終わった後、しばしの無音部を挟んでアウトロが登場する構成も同じ)。フランク・オーシャンからの影響は完全に意識的なものだろう。酩酊感を伴った幻惑的なサウンド・センス、独り言か夢遊病者のうわごとを思わせる内向的な歌声は両者のはっきりした共通点であり、同時に“アンビエントR&B”と呼ばれる音楽の大きな特徴でもある。但し、『Freudian』はフランク・オーシャン作品ほど歪ではないし、もっと温かで親しみやすい古典的なソウル感を併せ持っている点が従来のアンビエントR&Bと異なる。


Freudian05.jpgFreudian06.jpg
Miguel

 ドレイク、ザ・ウィークエンド、フランク・オーシャンらと立ち位置が近く、同時に古典的なソウル/R&B感を併せ持つアーティストと言えば、ミゲル。ダニエル・シーザーの出世作「Get You」は、アンビエントR&B的な浮遊感と王道ソウル感が同居している点で、彼の出世作「Adorn」(2012)に似ていると思う。「Adorn」はマーヴィン・ゲイ「Sexual Healing」を'10年代仕様に改造したような曲だった。'13年の第55回グラミー賞でミゲルの同曲は計3部門にノミネートされ、“Best R&B Song”で受賞を果たしたが、実はダニエル・シーザーも'18年の第60回グラミー賞で“Best R&B Performance”(「Get You」)、“Best R&B Album”(『Freudian』)の2部門にノミネートされている(授賞式は'18年1月28日)。両部門ともブルーノ・マーズという強敵がいるので受賞は難しいと思うが、ダニエルの登場の仕方はかつてのミゲルを彷彿させるものがある。ちなみに、当ブログで推しているメルボルンの若手R&B歌手、トレ・サミュエルズの「100」(2016)は、「Get You」をミゲル風にしたような良曲なので、ミゲルとダニエル・シーザーが好きな人は是非どうぞ。


Freudian07.jpgFreudian08.jpg
D'Angelo

 「Adorn」に似ていると言っても、「Get You」のサウンドはミゲルほどエレクトロニックではない。ビートにはサンプリング主体の'90年代ヒップホップ的な質感や泥臭いファンクネスがあり、ネオ・ソウル的な雰囲気も感じさせる。その印象を更に強めるのが、アカペラの美しいハーモニーに続いて始まる4曲目「Neu Roses (Transgressor's Song)」。モコモコした音像のこのファンキーなスロージャムは、ダニエルの粘っこいファルセット歌唱や緻密な多重録音ヴォーカルも含め、完全にディアンジェロの世界だ(「One Mo'Gin」に近い)。ディアンジェロ的なヴードゥー感は、酩酊したアーニー・アイズレーのようなギター・ソロが登場する9曲目「Transform」あたりにも漂う。身体にゴスペルの匂いが染みついている点もDと共通するが、それ以上に強いファンク臭を放つDに対し、『Freudian』はゴスペルからの音楽的影響をよりストレートに伝える作品である。


Freudian09.jpgFreudian10.jpg
Norwill Simmonds

 ノーウィル・シモンズって誰? 実はこの人、ダニエル・シーザー(本名アシュトン・シモンズ Ashton Simmonds)のお父さん。キリスト教の家庭に生まれ、教会で歌いながら育ったソウル/R&B歌手は珍しくないが、ダニエル・シーザーは父親がプロのゴスペル歌手という、完全なるゴスペル育ちの人間である。厳格なシモンズ家では、“Parental Advisory”のステッカーが付いたレコードは御法度だったという。“スティーヴィー・ワンダーやルーサー・ヴァンドロスなんかはあったけど、俺はヒップホップとかの黒人音楽では全然育ってない。両親はブラック・ゴスペルしか聴かなかったからね。ポップ・カルチャーなんて俺の家には無いも同然だった”とダニエルはインタビューで話している(5 April 2016, The FADER)

 シモンズ氏の'12年のアルバム『Can You Feel His Love』には、16歳のダニエルが参加した「Give Me Jesus」という感動的な親子デュエット曲が収録されている。地声で現在とほぼ印象の変わらない内省的な歌唱を聴かせるダニエルに対し、父ノーウィルは息子よりも甲高い声で神への思いを熱く歌い上げる。両者の歌声は全く対照的だが、陶酔的なファルセットには似たような繊細な響きがある。父親譲りの実直なゴスペル感覚は、『Freudian』の至るところ──特に「We Find Love」「Blessed」の2曲──に確認できる(「Hold Me Down」の後半部ではカーク・フランクリン「Hold Me Now」の引用も)。ダニエル・シーザーの楽曲や歌唱にオーセンティックなソウル感がある最大の理由は、それらがゴスペルを出自としている点にあるだろう。しかし、彼はゴスペル歌手ではない。


Freudian11.jpgFreudian12.jpg
James Vincent McMorrow

 ボン・イヴェールやジェイムズ・ブレイクと比較されることが多いアイルランド出身のシンガー・ソングライター、ジェイムズ・ヴィンセント・マクモロウ。ダニエル・シーザーの儚げなファルセット歌唱や内省的な雰囲気は彼にそっくりだが、実際、ダニエルは'14年のデビューEP『Praise Break』で、マクモロウの同年1月発表の2ndアルバム『Post Tropical』の冒頭曲「Cavalier」をカヴァーしている。ボン・イヴェール(ジャスティン・ヴァーノン)、ジェイムズ・ブレイク、そして、このジェイムズ・ヴィンセント・マクモロウというインディー・フォーク〜フォークトロニカ系の白人アクト3組は、いずれもゴスペルから莫大な影響を受けている。無力感や倦怠感を滲ませ、今にも消え入りそうなファルセットで天に向かって力無く祈るような彼ら'10年代の白人シンガー・ソングライターたちと、ダニエル・シーザーの作品は密接に関係している。中でもマクモロウは、アコギで歌う純インディー・フォーク的な作風でデビューした後、アルバムを出すごとにオルタナR&B色を強めている人で(中にはブラッド・オレンジみたいな曲もある)、ドレイク作品(「Hold On, We're Going Home」「Hotline Bling」「One Dance」)を手掛けるトロントのプロデューサー、Nineteen85と組んでいる点も含め、ダニエル・シーザーとは親和性が高い。


Freudian13.jpgFreudian14.jpg
Blood Orange

 ベッドルームで脱力する若者のための耳から補給するビタミンC、ブラッド・オレンジ。『Freudian』は、ほぼ全曲で女性の柔和な歌声がフィーチャーされている点で、彼の名作『Cupid Deluxe』(2013)とよく似た雰囲気を持つ。カリ・ウチス(タイラー・ザ・クリエイター作品やミゲルの最新作にも参加するアメリカの若手白人女性歌手。「Get You」で共作/共演)、H.E.R.(正体を隠した活動で昨年から注目を集めるアメリカの新進女性R&B歌手)、シド(ジ・インターネット)、シャーロット・デイ・ウィルソン(トロントの新進白人女性R&B歌手)らの客演陣の他、『Freudian』ではカダロ・トライブ CaDaRo Tribe というトロントの女性ヴォーカル・トリオが多くの曲で歌声を添えている。彼女たちの声が守護天使のように優しい響きを持つところや、主役ダニエルの歌声に男性的な力強さ(男らしさ)が欠けている点も『Cupid Deluxe』と一緒だ。アルバム全編に女性の歌声が登場する点について、ダニエルは“女性が持つ力は美しく、とても安らぎを与えてくれる。全体を対話のような感じにしたかった。心の中で自分が話しかける女性を作り出しているんだ”と語っている(16 August 2017, NOW Magazine)。このあたりの妄想感覚はプリンスとも通じるかもしれない。ダニエルの微睡んだ歌唱にそっと寄り添う女性たちの歌声は、『Freudian』に上品な色気と、同時に、男臭い伝統的なソウル/R&Bとは異なるユニセックスな感覚を与えている。


Freudian15.jpgFreudian16.jpg
Rhye

 ユルいもので癒されたい、現実を忘れて微睡みたい……という'10年代のチルな気分を完璧に汲み取り、ソウル/R&Bというフォーマットで最大公約数的なポップ・ミュージックを生み出したのが、ご存じ、ライである。彼らのデビュー作『Woman』(2013)は、ザ・ウィークエンド、フランク・オーシャン、ミゲルなどのアンビエントR&Bを聴く若い黒人音楽ファンから、ジェイムズ・ブレイク、ボン・イヴェール、alt-Jなどを好むインディー・ロック・ファンまで、幅広い層の音楽リスナーから絶大な支持を得た(と思う。当時の彼らの注目のされ方はそういうものだった)。やたらソウルフルなのに白人2人組だったり、女性歌手だと思ったら野郎だったりしたところも、ジェンダーや人種に縛られるなんて◯ァック!という若者たちにバカ受けした大きな要因だろう。明け方のベッドの中のような温もりと親密さを持つライの陶酔的な音楽世界は、ベッドルームからひたすら独り言を発信し続ける、良くも悪くも内向的なつぶやき世代の感性にジャストフィットするものだった。『Freudian』は、ライ『Woman』と同様、性的にも人種的にも開かれた極上の'10年代ベッドルーム・ソウルである。架空の女性像を生み出している点でも両者は似ているだろう。さて、ライに似ているということは……もしかして? もしかして?!


Freudian17.jpgFreudian18.jpg
Sade

 そう、ダニエル・シーザーはシャーデーに似ている(やっとここまで辿り着いたぜ)。時代を超越したオーセンティックなソウル感、親密で温かな表現、歌いすぎない控え目な歌唱、洗練された色気、空間を生かした簡素な音作り、演奏というよりは“鳴り”そのものを重視したブルージーなギター……『Freudian』は様々な点でシャーデーを彷彿させる。アコギの穏やかな演奏に乗ってH.E.R.が吐息まじりの官能的な歌声を聴かせる2曲目「Best Part」などは、特にシャーデーっぽい瞬間だ。ひとことで言えば、スムーズ。『Freudian』はとにかく聴きやすいし、聴けば聴くほど味わいを増すアルバムである。

 ネオ・ソウルの先駆的存在だったシャーデーというバンドは、アンビエントR&Bの先駆としてもしばしば言及される。内省的な雰囲気や、ダブを参照した彼らの音響美学がアンビエントR&Bの持つ浮遊感や漂泊感と重なるからだろう。ドレイクタイラー・ザ・クリエイターなど、現行の音楽シーンを牽引するヒップホップ・アーティストの中には熱烈なシャーデー信奉者も多い。彼らの耳にシャーデーがどのように聞こえているのか私には分からないが、シャーデーが繰り返し参照されるのは、結局、彼らの作品が時代を問わず、誰の心にも訴えかける普遍的なソウル・ミュージックだからだろう。“Parental Advisory”禁制だったシモンズ家のレコード棚にも、スティーヴィーやルーサー・ヴァンドロスと並んで、シャーデーのアルバムがあったのではないか。


Freudian19.jpgFreudian20.jpg
The Flamingos

 ダニエルの「Get You」を初めて聴いたとき、私の頭にまず浮かんだのはシャーデー、そして、フラミンゴズI Only Have Eyes For You」(1959)だった。'34年の米映画『泥酔夢(Dames)』(なんと素晴らしい邦題だろう)内に登場する、天才ミュージカル映画作家のバズビー・バークレーが手掛けた傑作ミュージカル場面で誕生した名曲の名カヴァー。「Get You」の緩やかな曲調、催眠術にかかったようなダニエルの陶酔的な歌唱、強烈なエコーが生み出す夢の中にいるような浮遊感、そして、サビに登場する8分音符のギターの刻み──なぜかピアノのように聞こえる──が、フラミンゴズのこの古典を私に思い出させた。「I Only Have Eyes For You」のサウンドは、バズビー・バークレーの映像と同じくらい幻惑的で、ドラッギーである。音響的な意匠の点で、フラミンゴズ「I Only Have Eyes For You」は、50年後のアンビエントR&B(音響系ソウル)の先駆け作品だったと言うこともできるし、逆に、「Get You」のソウル感はそれくらい古典的なものだと言うこともできる。いずれも完全に時代を超越した名作であることは間違いない。


Freudian21.jpgFreudian22.jpg
Chocolate Genius

 海外の『Freudian』評をいくつか斜め読みしていたら、フランク・オーシャンとジェフ・バックリーを引き合いに出している記事があって、ああ、そうかも、と思った。シドが客演している8曲目「Take Me Away」などは、ジミヘンを思い切りルーズにした感じのブルース・ロック曲で(但し、ビートはヒップホップ)、ダニエルの歌声はシャキッとしない二日酔いのジェフ・バックリーのようにも聞こえる。『Freudian』を聴くだけではあまり分からないが、過去の作品──特に2nd EP『Pilgrim's Paradise』(2015)──を聴くと、ダニエルがロックからも強い影響を受けていることが分かる。そこで私が最終的に思い至ったのが、チョコレート・ジーニアスだった。

 '98年に発表されたチョコレート・ジーニアスの1stアルバム『Black Music』(クレイグ・ストリート制作)は、当時のニュー・クラシックなソウル感覚と、武骨かつ繊細な米オルタナ・ロック感覚が溶け合った類を見ない傑作である。『Freudian』とは逆に、ソウル色よりもロック色の強い作品だが、基本的な音楽センスや内省的な作風はダニエル・シーザーと非常に近い(ついでにルックスも近い?)。「Get You」や「Paradise」(『Pilgrim's Paradise』収録)といったダニエル・シーザー作品にバッドバッドノットグッド(トロントの新世代ジャズ・ロック/ヒップホップ・バンド)が関わっている点と、チョコレート・ジーニアス作品にラウンジ・リザーズやメデスキ・マーティン&ウッド(いずれも現在のバッドバッドノットグッドに当たるような当時のオルタナ・ジャズ・バンド)のメンバーたちが関わっている点もピタリと重なる。ダニエル・シーザーは、もしかするとチョコレート・ジーニアスの再来なのではないか。

 チョコレート・ジーニアスは、'80年代から活動するニューヨークの異才、マーク・アンソニー・トンプソンによる音楽プロジェクトの名称である(デヴ・ハインズにとってのブラッド・オレンジのような)。'98年から現在まで5枚のアルバムを出していて、ミシェル・ンデゲオチェロやスチュアート・マシューマンも参加した3rd『Black Yankee Rock』(2005)からは名義が“Chocolate Genius, Inc.”に変わっている。一般的な知名度は決して高くないが、彼は'10年代オルタナティヴR&Bの先駆者とも言える重要アーティストである。『Black Music』は個人的に非常に愛着のある作品でもあるので、これについては機会を改めて取り上げたいところだ。


Freudian23.jpg
『Freudian』アナログ盤のお買い求めはコンサート会場で(CDも作ってほしい!)

 『Freudian』の制作を担当したのは、ドレイクやエミネムなどのヒット作に携わってきたトロントの若手プロデューサー、ジョーダン・エヴァンズとマシュー・バーネット。'14年のデビューEPからずっとダニエル作品を手掛けるコンビだが、『Freudian』のサウンド・プロダクションは一段と冴えている。曲ごとに要となる楽器(エレキ・ギター、アコースティック・ギター、ピアノ、オルガン)をひとつに絞り、各楽器が持つ音色の特性を際立たせる音響設計は、機能美を追求した現代建築のようでもあり、全く素晴らしいとしか言いようがない。ダニエルと女性たちの歌声を前面に出した簡潔な音作りは、歌(楽曲)の美しさをストレートに伝える。温もりに溢れたアナログ的な音の質感も最高だし、各曲の流れがスムーズで、全体を通して一貫したムードがあるところも良い。アルバムとしての完成度が非常に高く、何度聴いても飽きが来ない。正真正銘の傑作だ。

 過去のEPにあったロック色を極力抑え、“ソウル”という一点に焦点を絞ることで、『Freudian』は非常にすっきりとして纏まりの良い作品に仕上がった。とはいえ、淡い白日夢のような音響感覚は紛れもなくアンビエントR&B以降のそれだし、随所に登場するエレキ・ギターの武骨な響きや、最終曲「Freudian」に登場するオペラ調の女性コーラスなどには、正統的なソウル/R&Bとは異なるセンスがしっかりと息づいている。『Freudian』はR&Bの内道であり、外道でもあるだろう。オルタナティヴR&Bがどんどんメインストリームを侵食し、R&Bの基準が分かりにくくなっている'10年代後半、ゴスペルを大きな目印としながら、ダニエル・シーザーはこのアルバムでR&Bの基準を見事に再設定したと思う。これぞ2017年のR&Bだ──そう思わせる風格が『Freudian』にはある。

 ダニエル・シーザーが今後どのような方向に進むかは分からないが、この1stアルバムが'10年代オルタナティヴR&Bの──あるいは、純R&Bの──ひとつの金字塔として、未来の音楽ファンに語り継がれていくのは間違いないように思われる。




S.A.D.E. PRIZE S.A.D.E.(エス・エイ・ディー・イー)大賞
S.A.D.E.大賞選考委員会によって選出され、毎年12月末に発表される謎の音楽賞。年内(1月〜12月)にアルバム/EPを発表した世界中のアーティストの中から一組に贈られる。シングル、ミックステープ、V.A.アーティスト盤、編集盤、サントラ盤は基本的に選考対象外(但し、例外的に選出される場合もあり)。'13年から'15年まで“シャーデー大賞”という名称で発表されていたが、'16年から“S.A.D.E.大賞”に改められた。シャーデーのメンバーは賞の設立・選考に一切関わっていない。

シャーデー大賞2013を占う(2013.06.12)
Alice Smith──シャーデー大賞2013(2013.12.30)
D'Angelo──シャーデー大賞2014(2014.12.30)
Buika──シャーデー大賞2015(2015.12.30)
Masego──S.A.D.E.大賞2016(2016.12.30)
Sting──S.A.D.E.大賞1987(2017.10.13)


S.A.D.E.大賞2017候補アーティスト関連記事:
シャーデー、ドレイクの陣中見舞い(2012.05.01)
Jessie Ware──ジェシーをさがせ!(2013.04.02)
Caro Emerald──もつれタンゴ(2013.04.25)
夏のユル&B特集【1】──Miguel(2014.08.25)
Benjamin Clementine──哀悼(2014.12.23)
Jessie Ware──幸せの証明写真(2015.01.26)
Benjamin Clementine──ヴードゥーの子(2015.02.06)
Benjamin Clementine──礎石(2015.02.23)
Keziah Jones + Nneka──遠距離恋愛(2015.03.23)
Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2015(2015.04.29)
Keziah Jones: Discography 1992-2013(2015.04.30)
Caro Emerald @ Akasaka Blitz 2015(2015.06.18)
珍R&B入門 ディアンジェロでつながる人々 1989-94【1】(Sananda Maitreya)(2015.08.18)
Lizz Wright──踏み込んで(2015.11.14)
Benjamin Clementine──倫敦(2016.01.06)
Lizz Wright @ Cotton Club 2015(2016.03.25)
Chloe x Halle──響(2016.04.15)
なぜ共に生きられないんだ(Drake)(2016.07.29)
Buika feat. Jason Mraz──男の務め(2016.08.23)
Trè Samuels──美少年のアンビエンス(2016.11.01)
Benjamin Clementine──トランプの黙示録(2017.02.05)
Benjamin Clementine──ネメシス(因果応報)(2017.02.15)
Buika──愛のエクソダス(2017.02.25)
Benjamin Clementine──さらば(2017.03.01)
あさイチのブイカ(2017.03.07)
シャーデー、再びドレイクの陣中見舞い(2017.03.27)
Buika @ Blue Note TOKYO 2017(2017.04.13)
擬似シャーデーに気をつけろ(その4)(Niia)(2017.05.08)
Buika @ Sumida Triphony Hall 2017(2017.05.12)
Miss Tati──遂に、タティ!(2017.06.09)
Benjamin Clementine──アレッポヴィルの怪人(2017.06.14)
Benjamin Clementine、'17年9月に新作リリース(2017.06.29)
Benjamin Clementineの放浪の旅(2017.07.11)
Benjamin Clementine──文句はない(2017.07.17)
Keziah Jones @ Blue Note TOKYO 2017(2017.08.14)
【速報】レコファン渋谷店の新譜コーナー(Benjamin Clementine)(2017.09.16)
Trè Samuels──ちょっと大人なラズベリー酒(2017.10.19)
Chloe x Halle = Dreaming(2017.10.26)
Chloe x Halle──雨乞い(2017.10.27)
Willow──夢見る少女じゃいられない(2017.11.06)
Prince──おかしな関係(Gabriel Garzon-Montano)(2017.11.29)
You "Need To Know" TheColorGrey(2017.12.20)
BLUE(Morgan James)(2017.12.24)
Tawiah──その女、◯◯につき(2017.12.27)
今週のレプリカント(Sarah Elizabeth Charles、Melanie De Biasio)(2017.12.28)
Ayo──改めましてアヨです(2017.12.29)
TheColorGrey──どこまでも(2017.12.31)
対位法〜異なるもののハーモニー(Kamasi Washington)(2017.12.31)
Morgan James 3月に初来日公演決定!(2018.01.19)
Daniel Caesar──フロイト派、世界を駆ける(2018.01.20)
Daniel Caesar──知覚の扉(2018.01.24)

| S.A.D.E. Prize | 23:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT