2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Sting──新ノアの箱舟



 '87年S.A.D.E.大賞を獲得したスティング。『...Nothing Like The Sun』発表30周年を記念して、同アルバムから1曲「Rock Steady」を和訳する。

 タイトルの“Rock Steady”は、スティングの音楽性からするとジャマイカのロックステディを思わせるが、実際にはそれとは全く関係ないシャッフルのブルージーなジャズ・ナンバー(音楽的にはむしろ同作からの1stシングル曲「We'll Be Together」がロックステディ的)。語り調のスティングのヴォーカル──前年のポール・サイモン「The Boy In The Bubble」を彷彿させる──からも察しがつく通り、この曲の要は歌詞である。誰もが知る有名な物語を換骨奪胎したユーモラスな歌だ。




 Rock Steady
 (Sting)
 
 Saw an ad in the newspaper that caught my eye
 I said to my baby this sounds like the ticket for you and I
 It said volunteers wanted for a very special trip
 To commune with Mother Nature on a big wooden ship
 We took a taxi to the river in case any places were free
 There was an old guy with a beard
 And every kind of creature as far as the eye could see
 
 新聞の求人広告が目に留まった
 ねえキミ これ僕ら向きじゃないか
 《極めて特殊な旅にボランティア求む
  大きな木の船で大自然と親しもう》
 タダで船旅? 僕らタクシーで川へ
 そこにはヒゲを生やした爺さまと
 ありとあらゆる生き物がわんさかいた
 
 This old guy was the boss, he said, "I won't tell you no lie
 But there's more to this journey than is apparent to the eye"
 He said he'd heard God's message on the radio
 It was going to rain forever and he'd told him to go
 "I'll protect you all don't worry I'll be father to you all
 I'll save two of every animal, no matter how small
 But I'll need some assistants to look after the zoo
 I can't see nobody better so you'll just have to do"
 I said, "Just tell me something before it's too late and we're gone
 I mean just how safe is this boat we'll be on?"
 
 親分の爺さん曰く「よいか お主たち
 この旅には実は重大な意味があるのじゃ」
 彼はラジオで神の伝言を聞いたという
 永遠に雨が降るから逃れなさいと
 「守ってやるから安心せよ お主たちの父となろう
  大小問わず全ての動物をつがいで救う
  だが動物たちの飼育係が必要じゃ
  お前たちに任せるからしっかりな」
 僕は言った「出発する前に聞いときたいんだけど
 これから乗る船って本当に安全なの?」
 
 "It's Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady"
 
 「岩乗じゃ 岩乗じゃ
  岩乗じゃ 岩乗じゃ
  岩乗じゃ 岩乗じゃ
  岩乗じゃ 岩乗じゃ」
 
 It rained for forty days and forty long nights
 I'd never seen rain like it and it looked like our old friend
 Was being proved right
 We had no time to worry though there was just too much to do
 Between the signified monkey and the kangaroo
 We had to wash all the animals we had to feed them too
 We were merely human slaves in a big floating zoo
 She said, "Hey baby I don't mean to be flip
 But it seems this old man is on some power trip"
 I said, "No, no sugar you must be wrong
 I mean look at the size of this boat we're on.
 We're as safe as houses, as safe as mother's milk
 He's as cool as November and as smooth as China silk
 He's God's best friend, he's got a seat on the board
 And life may be tough but we're sailing with the lord."
 
 降り続くこと40日と40夜
 前代未聞の大雨だ ご老体の言うことは
 どうも本当だったらしい
 けれど気にする暇もなく仕事の山が待っていた
 選ばれし猿とカンガルーに挟まれて
 動物たちを洗い 片っ端から餌をやるはめに
 僕ら海上の巨大動物園ですっかり奴隷状態
 彼女は「ねえちょっと 言っちゃ悪いけど
 あの老人なんだか威張ってる気がするわ」
 僕は「おいおい なんてこと言うんだい
 ごらんよ この船の大きさはどうだい
 大船に乗ったつもりとはこのことだ
 まるで中国の絹のように立派なお方だ
 彼は神様と仲良し 選ばれた偉い人
 どんな苦難もご主人様がいれば大丈夫」
 
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 
 Woke up this morning and something had changed
 Like a room in my house had just been rearranged
 She said, "It's stopped raining and I know the guy's kind
 But if we stay here much longer I'm gonna lose my mind."
 So we said we had a mission for his favorite dove
 To see if there was any mercy from this great God above
 So to find dry land, away the white bird flew
 We didn't need no country just a rock would do
 When the dove came back to us, he threw down a twig
 It was manna from heaven and meant we could blow this gig
 "But the rock's too small, " he said, "can't you see?"
 I said, "It's just perfect for her, it's perfect for me."
 
 今朝起きるといつもと様子が違ってた
 まるで部屋が様変わりしたように
 「雨がやんだわ あの人は恩人だけど
  このままここにいたら頭が変になっちゃう」
 そこで彼のお気に入りの鳩を使いに出し
 神様のお情けを窺いましょうと申し出た
 陸地を探して白い小鳥はひとっ飛び
 大地ではなく岩山ひとつあればいい
 戻った鳩は口に小枝をくわえてた
 天の恵みだ これでこの仕事ともおさらばだ
 「だがあの岩は小さすぎる」と彼「じゃろ?」
 僕は「彼女にはあれで十分 僕も十分です」
 
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 Rock steady Rock steady
 
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ
 岩乗じゃ 岩乗じゃ


Rock_Steady2.jpg

 「Rock Steady」は「ノアの箱舟」のパロディ・ソングである。捻りの利き方や飄々とした語り口は、日本で言うと太宰治『お伽草紙』あたりに近いものがある。

 サビの“Rock steady”は、ジャマイカのロックステディではなく、普通に“岩のように頑丈、揺るぎない、しっかり、どっしり”という意味の形容詞として使われている。話の最後に実際に“岩”──アララト山の頂上?──が登場するため、拙訳では“頑丈”ではなく、敢えて“岩乗”という古い漢字表記を用いた(日本盤の対訳は未確認。一体どう訳されているのか)。スティングの執拗なまでの脚韻はさすがに翻訳不可能だが、なるべく七五調でリズムを取るよう心掛けた。押韻も楽しいこの歌は、後に『Rock Steady: A Story of Noah's Ark』(2001)として子供向けに絵本化もされている。

 この歌は、箱舟に乗り込んだ現代風の男女カップル(ヒッピー?)の視点から書かれている。彼らはタダで旅行できると思って箱舟に乗るのだが、ノア(を思わせる老人)にこき使われるうちに嫌気がさし、結局、箱舟から下りることにする。彼らが動物たちの世話に苦労したり、逃げたいがために(ノアではなく)自分たちで鳩を飛ばすあたりが笑いを誘う。

 『...Nothing Like The Sun』には、各収録曲に関するスティング自身のコメントが添付されている。「Rock Steady」について彼はこう説明する。

「船乗りだった僕の良き叔父が、かつてこんな助言をしてくれた。“行き先の分からん船には乗るもんじゃない”。テレビのクイズ番組と宗教番組は区別がつかないことがある」

 「Rock Steady」の主人公である男女カップルは、面白そうな話に釣られて“行き先の分からない船”に乗り込んでしまう。“僕”は大洪水を目にして老人を崇拝するが、その恋人はこの船旅自体に疑念を抱くようになる。つまりこの歌は、「ノアの箱舟」の話を借りながら、現代の宗教をユーモア混じりにやんわりと皮肉っているのである。スティング、やっぱり英国人。



関連記事:
Sting──ニューヨークの英国人(2017.09.03)
ジャズメンの隠れ家? らーめん山頭火 原宿店(2017.09.05)
Sting──S.A.D.E.大賞1987(2017.10.13)

| Man's Man's Man's World | 00:50 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT