2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャズメンの隠れ家? らーめん山頭火 原宿店



 原宿にあるラーメン屋、山頭火(さんとうか)に行ってきた。
 
 私はフードライターでもラーメンマニアでも何でもないが、ここは以前から気になっている店だった。山頭火は全国にチェーン店があり、渋谷や新宿にも店舗があるのだが、私が行きたかったのはこの原宿店である。なぜかと言うと……


Santouka2.jpg
山頭火の原宿店を訪れたマセーゴ('16年8月4日のインスタ投稿より)

 以前、マセーゴが来店しているから。'16年夏にローランドの仕事で東京に来た際、彼は山頭火の原宿店を訪れ、その暖簾の前で撮った写真をインスタグラムに投稿していた。そのときインスタに投稿された数枚の東京の写真のうちのひとつがこれだった。よほど山頭火が気に入ったのだろう(その他、渋谷のハチ公と撮った写真や、銀座の飲食店内で撮ったと思しきチューインガムの写真も投稿された)

Santouka3.jpg
イングリッシュマン・イン・トーキョー('16年12月1日のインスタ投稿より)

 この山頭火の原宿店、実はスティングも来ている。マセーゴの来店から4ヶ月後の'16年11月末、アルバム『57th & 9th』のプロモーションで来日した際、スティングは同店を訪れ、そこで撮った写真をインスタに投稿した。当時のスポーツ紙の報道によれば、彼が食べたのは塩ラーメン。スティング一行が選ぶ“好きな日本のラーメン店トップ3”でも、山頭火は麺匠竹虎と博多一風堂をおさえて堂々の1位に輝いている。日本での思い出としてスティングがそのときインスタに投稿した画像は、山頭火で撮ったこの1枚きりである。彼にとっては、日本と言えば山頭火なのかもしれない。“パスタは食わない、ラーメンがいい/麺は縮れているのがいい/インスタを見れば分かるだろう/俺はトーキョーの英国人”という「Englishman In New York」の東京篇を作ってほしい。

I don't eat pasta, I have ramen dear
I like my noodles done curly
You can see it in my instagram photo
I'm an Englishman in Tokyo
(Hey Sting, now you can sing this!)

Santouka4.jpg
山頭火の塩ラーメン(生まれて初めて食べ物の写真を撮ったぞ)

 山頭火は塩ラーメンで有名な店らしく、店先にもそれをフィーチャーした看板が出ていたし、メニューのトップにも醤油ラーメンより先に塩ラーメンが載っていた。私はもちろん、スティングも食べたというその塩ラーメン(870円)を注文した。

 スープは非常にマイルドで甘みがあり、塩というよりは豚骨ラーメンに近いクリーミーな味わい。細めに縮れた麺は、スープのまろやかさとは対照的にシャープな印象を与える。予想外の味に驚きながら、やや厚めのチャーシューを口にすると……美味い! めちゃめちゃ柔らかい! 私の口の中で一片のチャーシューは旨味を撒き散らしながらあっという間に溶解していった。これには思わず声を上げそうになった。スティングもこれにヤラれたのか? チャーシューは文句なしに美味かったが、しかしながら、最初は甘みが感じられたスープは、終盤では塩気が気になりはじめた。最後にスープをレンゲで一口すすり、それ以上はとても飲めないと思った。ラーメンはスープも最後まで楽しみたいが、結局、麺と具を一通り食べ終わったところで私は箸を置いた。

 私はちっともグルメではなく、ラーメンについて偉そうに語る資格など全くない。ラーメン屋に行くのは年に一度か二度くらいのもので、塩ラーメンにしても過去にサッポロ一番しか食べたことがない。おまけに、ラーメン屋でも私は醤油しか注文しない。私が好きなのは昔ながらのシンプルな、いわゆる“中華そば”というやつである。なので、正直に結論を書くと、山頭火の塩ラーメンは、決して悪くはなかったが、私の好みではなかったということになる。塩のわりには濃厚で、かなり個性の強い味だと思う。外国人に好まれるというのは何となく分かるような気がした。

 あと、ひとつ細かいことだが、スティングのインスタ画像を見ると、ラーメンに焼き海苔らしきものが乗っている。私が食べた塩ラーメンに海苔はなかった(麺ももっと細かったような気がするのだが……)。スティングが注文したのは本当に塩ラーメンだったのか?

Santouka5.jpg
らーめん山頭火 原宿店
東京都渋谷区神宮前6-1-6 角田ビル1階

 山頭火の原宿店は、原宿駅表参道口から徒歩6分。ラフォーレの交差点のちょっと先、キデイランドのすぐ手前の狭い路地を入って20〜30メートルくらい歩いた場所にある。店内は縦長のL字型構造になっていて、カウンター席の他に、店の奥と表にそれぞれテーブル席がひとつずつある。狭いことは狭いが、狭苦しさはない。私が行ったとき、店内にはオルガン・ジャズの小洒落たBGMが流れていた。なんか原宿っぽいなあ、と思った。

 マセーゴとスティングが訪れた山頭火、シャーデーのメンバーにも教えたい。



関連記事:
Masego──S.A.D.E.大賞2016(2016.12.30)
Masego──母に捧げるバラード(2017.05.16)
【号外】Masego、11月に来日決定!!!!(2017.08.30)
Roland Aerophone AE-10 feat. Masego(2017.09.02)
Sting──ニューヨークの英国人(2017.09.03)

| Man's Man's Man's World | 03:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT