2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Eurythmics──女絵巻『獣〜SAVAGE』


EURYTHMICS: SAVAGE (1988)
Directed by Sophie Muller

A visual story about a woman under the influence....

MJ「Thriller」よりもコワい?──
アニー・レノックス×ソフィー・ミュラー
こわれゆく女の変身絵巻『獣(けだもの)〜SAVAGE』




BEETHOVEN (I LOVE TO LISTEN TO)
──ベートーベン(私は愛聴する)


ああいう娘をつかまえて
ありふれた環境に置いてみる
例えばカフェね
そこへ青年が現れる
彼はいざこざを起こしたがってる
ああいう娘とね
ああいう娘とね
2人は一体何をやらかすかしらね
2人は一体何をしでかすかしらね
知りたいものだわ
そうじゃない?

私はベートーベンを聴くのが好き……

自分の欲しいものは大事なくせに
あなたは私に汚い手を使ったわね
新しいミンクのコートを欲しがったとき
私 ウソだなんて言ったかしら
この弱い喉を包み込む
何かフサフサしたものは
ないかしらと思ったのよ
私はテキサス娘のように夢見てた
どんなものも手にできると信じて
何か途方もないものを
期待する娘のように

私はベートーベンを聴くのが好き……


TAKE A GIRL LIKE THAT
AND PUT HER IN A NATURAL SETTING
LIKE A CAFE FOR EXAMPLE.
ALONG COMES THE BOY
AND HE'S LOOKING FOR TROUBLE
WITH A GIRL LIKE THAT
WITH A GIRL LIKE THAT.
WHO KNOWS WHAT THEY'LL DECIDE TO DO.
WHO KNOWS WHAT THEY'LL GET UP TO.
I'D LOVE TO KNOW.
WOULDN'T YOU?

I LOVE TO LISTEN TO BEETHOVEN....

YOU THINK YOU KNOW JUST WHAT YOU WANT
BUT YOU HAVE USED THAT WEAPON AGAINST ME.
DID I TELL YOU I WAS LYING BY THE WAY
WHEN I SAID I WANTED A NEW MINK COAT.
I WAS JUST THINKING ABOUT
SOMETHING SLEEK
TO WRAP AROUND MY TENDER THROAT
I WAS DREAMING LIKE A TEXAN GIRL
A GIRL WHO THINKS SHE'S GOT THE RIGHT TO EVERYTHING.
A GIRL WHO THINKS SHE SHOULD HAVE
SOMETHING EXTREME.

I LOVE TO LISTEN TO BEETHOVEN....






I NEED A MAN──男が欲しい

あんたが話かけてくれなくたって
気にしない
そんな女じゃないもの
一緒に出かけてくれなくたって
気にしない
そんなの退屈だもの
あんたの容姿なんか気にしない
そんなの何とも思わないもの
あたしが求めてるのは
ただひとつ
服を着ない男よ

男が欲しいの……
男が欲しいの……

坊や 坊や
すね毛は剃っちゃダメ
髪にクシなんか入れないで
パウダーもやめて
粗野なままがいい
何も塗ってない指がいいの
夜がやって来たら
真昼のように
どこへでも連れてってあげる
愛なんかいらない
そんなの忘れなさい
あたしにはどうでもいいことよ

男が欲しいの……
男が欲しいの……

女たらしに用はなし
五十面相の厄介者も
優柔不断な浮気者も
小汚い守銭奴も
石頭のケチンボも
下劣な女性蔑視者も
二股野郎も臆病野郎も
みんなまとめてお断り

あんたが話かけてくれなくたって
気にしない
そんな女じゃないもの
一緒に出かけてくれなくたって
気にしない
そんなの退屈だもの
あんたの容姿なんか気にしない
そんなの何とも思わないもの
あたしが求めてるのは
ただひとつ
服を着ない男よ

男が欲しいの……
男が欲しいの……


I DON'T CARE IF YOU WON'T
TALK TO ME
YOU KNOW I'M NOT THAT KIND OF GIRL.
AND I DON'T CARE IF YOU WON'T
WALK WITH ME
IT DON'T GIVE ME SUCH A THRILL.
AND I DON'T CARE ABOUT THE WAY YOU LOOK
YOU SHOULD KNOW I'M NOT IMPRESSED
'CAUSE THERE'S JUST ONE THING
THAT I'M LOOKING FOR
AND HE DON'T WEAR A DRESS.

I NEED A MAN....
I NEED A MAN....

BABY BABY BABY
DON'T YOU SHAVE YOUR LEGS
DON'T YOU DOUBLE COMB YOUR HAIR
DON'T POWDER PUFF
JUST LEAVE IT ROUGH
I LIKE YOUR FINGERS BARE.
WHEN THE NIGHT COMES DOWN
I CAN TURN IT ROUND
I CAN TAKE YOU ANYWHERE.
I DON'T NEED LOVE
FORGET THAT STUFF
YOU KNOW THAT I DON'T CARE.

I NEED A MAN....
I NEED A MAN....

I DON'T NEED A HEARTBREAKER
FIFTY-FACED TROUBLE MAKER
TWO TIMING TIME TAKER
DIRTY LITTLE MONEY MAKER.
MUSCLE BOUND CHEAP SKATE
LOW DOWN WOMAN HATER
TRIPLE CROSSING DOUBLE DATER
YELLA BELLIED ALLIGATOR....

I DON'T CARE IF YOU WON'T
TALK TO ME
YOU KNOW I'M NOT THAT KIND OF GIRL.
AND I DON'T CARE IF YOU WON'T
WALK WITH ME
IT DON'T GIVE ME SUCH A THRILL.
AND I DON'T CARE ABOUT THE WAY YOU LOOK
YOU SHOULD KNOW I'M NOT IMPRESSED
'CAUSE THERE'S JUST ONE THING
THAT I'M LOOKING FOR
AND HE DON'T WEAR A DRESS.

I NEED A MAN....
I NEED A MAN....






HEAVEN──天国

そうよ……
そうよ……

天国

喜んで

ぜひあなたも

天国

もう少しの辛抱


THAT'S RIGHT....
THAT'S RIGHT....

HEAVEN

I LOVE TO

JUST WHAT YOU NEED

HEAVEN

TAKES A LITTLE TIME.






SAVAGE──獣

牙を剥く太陽の下
忌まわしい言葉が私を苦しめる
嘲笑の声が響き渡り
暴力が蔓延る
彼女は言った
「これはみんな私の銃
 これはみんな私の毛皮
 これが私のリビングよ」
「ときどき遊びに来てもいいわよ
 私の機嫌がよければね」
ケダモノ
ケダモノ
ケダモノ
あんたはケダモノよ……

彼女は言った
「この不幸を
 私は首に巻くの」
「このキレイな宝石が
 私の身の上を物語る」
彼女は言った
「すべては虚構よ
 どこまでも皮肉」
「だから私を引き止めないで
 私の家にも来たがらないで」
ケダモノ
ケダモノ
ケダモノ
あんたはケダモノよ……


WORDS OF POWER ARE KILLING ME
WHILE THE SUN DISPLAYS ITS TEETH.
ALL MOCKERY IS LAUGHING
ALL VIOLENCE IS CHEAP.
SHE SAID..
"THESE ARE MY GUNS
THESE ARE MY FURS
THIS IS MY LIVING ROOM."
"YOU CAN PLAY WITH ME THERE SOMETIMES
IF YOU CATCH ME IN THE MOOD."
SAVAGE
SAVAGE
SAVAGE
YOU SAVAGE....

SHE SAID..
"I HAVE THIS UNHAPPINESS
TO WEAR AROUND MY NECK."
"IT'S A PRETTY PIECE OF JEWELLERY
TO SHOW WHAT I PROTECT."
SHE SAID..
"EVERYTHING IS FICTION
ALL CYNIC TO THE BONE."
"SO DON'T ASK ME TO STAY WITH YOU
DON'T ASK TO SEE ME HOME."
SAVAGE
SAVAGE
SAVAGE
YOU SAVAGE....






YOU HAVE PLACED A CHILL IN MY HEART
──あなたは私の心を凍えさせた


私を砂漠に連れてって
見渡す限り何もない
あなたと私
2人だけの場所へ
私を砂漠に連れてって
私を砂地に連れてって
あなたの右手の色を見せてちょうだい

愛は神殿
愛は聖堂
100円ショップで愛を買おう
ささやかな愛を
商店で
もうちょい欲しけりゃクレジットで
私はあんたの面汚し
あんたの顔に浮かぶシワ
私は流しに山積みの
汚れた皿に疲れ切った女

透明になって
電話線の中を通っていきたいものよ
耳が痛くなって
頭が痛くなって
どうしても耐えられなくなる
どうしても どうしても
私が話しているときに
見下さないでちょうだい
こっちにだって
プライドってものがあるわ

愛は神殿
愛は聖堂
愛は純粋
愛は盲目
愛は布教の売り言葉
そんな愛には用はない
愛は熱くて冷たくて
私は買われて売り払われ
愛はロックで愛はロール
私はただ抱きしめる人が欲しい


TAKE ME TO THE DESERT
WHERE THERE'S GOT TO BE
A WHOLE HEAP OF NOTHING
FOR YOU AND ME
TAKE ME TO THE DESERT
TAKE ME TO THE SAND
SHOW ME THE COLOUR OF YOUR RIGHT HAND.

LOVE IS A TEMPLE
LOVE IS A SHRINE
BUY SOME LOVE AT THE FIVE AND DIME
A LITTLE BIT OF LOVE
FROM THE COUNTER STORE
GET IT ON CREDIT IF YOU NEED SOME MORE.
I'LL BE THE FIGURE OF YOUR DISGRACE
A CRISS CROSS PATTERN UPON YOUR FACE
A WOMAN'S JUST TOO TIRED TO THINK
ABOUT THE DIRTY OLD DISHES IN THE KITCHEN SINK.

I WISH I WAS INVISIBLE
SO I COULD CLIMB THROUGH THE TELEPHONE
WHEN IT HURTS MY EAR
AND IT HURTS MY BRAIN
AND IT MAKES ME FEEL TOO MUCH
TOO MUCH TOO MUCH TOO MUCH.
DON'T CUT ME DOWN
WHEN I'M TALKING TO YOU
'CAUSE I'M MUCH TOO TALL
TO FEEL THAT SMALL.

LOVE IS A TEMPLE
LOVE IS A SHRINE
LOVE IS PURE
AND LOVE IS BLIND
LOVE IS A RELIGIOUS SIGN
I'M GONNA LEAVE THIS LOVE BEHIND.
LOVE IS HOT AND LOVE IS COLD
I'VE BEEN BOUGHT AND I'VE BEEN SOLD
LOVE IS ROCK AND LOVE IS ROLL
I JUST WANT SOMEONE TO HOLD.


All songs written by Annie Lennox and Dave Stewart
Japanese translation by Abeja Mariposa



Savage2.jpg

「Beethoven (I Love To Listen To)」について──
■アニー・レノックスはクラシック少女だった。子供の頃からピアノとフルートを学んでいた彼女は、17歳の時にロンドンの名門、王立音楽アカデミーに進学し、3年間そこで教育を受けている。クラシック音楽と同時にモータウンなどのポップスも愛好していた彼女は、在学中に自分の将来に疑問を持ち、結局、同校を中退している。ちなみに、彼女が王立音楽アカデミーに進学した頃、スタンリー・キューブリック監督『時計じかけのオレンジ』(1971)が公開されている。『SAVAGE』におけるレノックスの破綻した人格は、同映画の主人公アレックス──大のベートーベン好き──を彷彿させるものがある。ウェンディ・カルロス風情の不気味なシンセ・サウンドともあわせて、ベートーベンへの言及は同映画に対するオマージュと思われる。
■'76年半ば頃、アニー・レノックス(21歳)はロンドンのハムステッドにあるピピンズ Pippins というレストランでデイヴ・スチュワートと初めて会った。ウェイトレスとして働いていたレノックスにデイヴ・スチュワートが最初にかけた言葉は“結婚してくれる?(Will you marry me?)”だったという。レノックスは彼のことを“完全ないかれぽんち(complete nutter)”だと思ったそうだ。1番に登場する“ああいう娘(girl like that)”はレノックス自身、彼女に絡んでくる“青年(boy)”はスチュワートを指していると思われる。
■レノックスの取り散らかった多重録音ヴォーカルは、そのまま彼女の分裂した人格を表している。夫への不満を告白する2番では、2つのオルターエゴ──欲求不満主婦と享楽的なヴァンプ(妖婦)──の声がステレオチャンネルの左右で相克している。結局、ヴァンプが勝ち、レノックスを乗っ取ることになる。

「Savage」について──
■獣化したオルターエゴ=ヴァンプ(“彼女”)との訣別、または、その死が歌われている。2番での“彼女”の台詞には、正気のアニー・レノックスの視点が混じっているように思われる。“すべては虚構よ/どこまでも皮肉”という台詞は、それを語っている“彼女”という存在、あるいは、この歌自体の虚構性を示しているのかもしれない。“私を引き止めないで/私の家にも来たがらないで”という最後の台詞は、“獣である私に関わってはいけない”という警告に聞こえる。まるでデヴィッド・リンチ映画の夢場面のような歌だ。




関連記事:
Annie Lennox──お金じゃ買えない
Chinawoman──私はパーティーガール

| Diva Legends | 05:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT