2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マイケル・ジャクソン関連記事◆目録



 マイケル・ジャクソンに関する記事は原則的に“Michael Jackson”というカテゴリーで管理しているが、別カテゴリーに入れている記事もあるため、MJファンの来訪者が閲覧しやすいよう、今回、ここに専用の目録を用意することにした。今後、MJ関連の記事を書くごとに更新し、常にここからすべての記事へ飛べるようにする(この目録は飽くまでマイケル・ジャクソン自体をテーマにした記事、あるいは、マイケルと関連性の強い記事だけをまとめたものである。“Dance to Jazz and All That Jazz”というダンス/ミュージカル関連カテゴリーには、マイケルと間接的に関わりのある記事が多く含まれているので、暇な方はそちらもあわせてご覧頂きたい)

 マイケル・ジャクソンに関しては色々な人が色々なことを書いている。私は彼の音楽自体も好きだが、特に興味を持っているのは、映像作品、ステージ、ダンスといった彼の表現の視覚的な側面である。もともと映画が好きであること、そして、'80年代のMTV全盛期に音楽に目覚めたこともあり、私は音楽という表現を視覚的要素と分かち難く結びついたものとして捉えている。私にとって、音楽に添付された視覚イメージ(ジャケット写真、音楽ヴィデオ等)、ミュージシャンの容姿、身体の動き、ファッション等は、音楽そのものと同じくらい重要なものである。

 録音技術が発明される以前、音楽とは基本的に生演奏されるものであり、同時に視覚的要素を伴うものだった。鑑賞者は音楽に耳を傾けながら、パフォーマーが楽器を演奏する様子、歌を歌う様子、その表情やアクション、身に付けている服などを常に眺めていたはずである。つまり、音楽は根源的にパフォーミング・アートの一種なのだ。持って生まれた容貌でさえも、その声と同様、音楽アーティストの重要なパフォーマンスのひとつであると私は考える。

 音楽とは、聴くと同時に見るものである。全身で体験し、感じるものである。優れた音楽アーティストはこの点に関して非常に自覚的であるように思う。そして、マイケル・ジャクソンこそは、そうしたパフォーミング・アートとしての音楽の可能性を追求し、芸術的にも商業的にも頂点を極めた唯一無比の天才だった。そうした彼の表現を理解する上で、これらの記事が少しでも助けになれば幸いだ。

 では、ENJOY YOURSELF!


MICHAEL JACKSON ◆ INDEX

MJ_index01.jpg
ムーンウォークの起源
2008.08.29

 MJ生誕50年記念記事。マイケルの必殺技“ムーンウォーク”は一体誰が発明したのか? 20世紀前半の黒人タップ・ダンサーたちの映像を発掘しながら、マイケルのダンス・スタイルのルーツを探る。


MJ_index02.jpg
FOREVER MICHAEL
2009.06.26

 日本時間では'09年6月26日朝のことだった。


MJ_index03.jpg
マイケルの最強ショート・フィルム10選【第1〜10位】
2009.10.23〜2009.12.25

 '09年の夏から秋にかけて、私は世間の狂騒的なマイケル・フィーバーをシャットアウトし、一人でひたすら彼の作品と向き合いながら、この天才エンターテイナーを追悼する文章を書き貯めていた。彼が残してくれた作品を丁寧に振り返って考えることは、私にとって彼の死を理解し、受け入れるために不可欠な作業だった。一連のショート・フィルム作品群は、彼の創作キャリアの最大のハイライトであるにもかかわらず、お決まりのトリビアと共に簡単に紹介されるばかりで、なぜかあまりまともに語られることがない。私は迷わずこれについて書き倒すことに決め、'09年末に全10回の集中連載を行った。

 これら10本の追悼記事は、基本的にすべて『THIS IS IT』公開前に書いたものである。『THIS IS IT』を観た後では、文章の雰囲気も若干違うものになっていたかもしれないし、また、いま読み返すと、個人的に違和感や理解不足が感じられる部分も少なくない。が、これらの文章がマイケルに関して私が書ける最良のものであることに違いはなく、書いて本当に良かったなと思う。第8位の「Black Or White」は、今なら第6位にしたい。第5位「Say Say Say」のみ未執筆の空エントリーのまま放置中。


MJ_index04.jpg
皆が待っていたマイケル──『THIS IS IT』
2009.11.08

 マイケルが最後まで現役バリバリで創作意欲に溢れていたことを証明した感動的作品。'09年3月にロンドンで復活コンサートの記者会見が行われた際、あるいは、同年6月の急逝から映画公開の10月まで、このショウのポテンシャルを想像できた人がいただろうか? 『THIS IS IT』は世間の否定的なマイケル観を決定的に変えた。彼は奇人でも聖人でもなく、何より素晴らしいエンターテイナー/アーティストとして人々に記憶されるべきだ。この映画が果たした役割はあまりにも大きい。


MJ_index05.jpg
マイケルを追え!──Smooth Criminal 2009
2009.11.24

 『THIS IS IT』内に登場する「Smooth Criminal」の新ショート・フィルムに大興奮! 劇中で借用された古典映画の出典を徹底捜査。『THIS IS IT』がDVD化された際に再検証して追記を入れるつもりだったが、新ショート「Smooth Criminal」の全長版をブルーレイ版にしか収録しないというSonyの姑息な商法のせいで完全に興が醒めてしまい、捜査は途中で打ち切られた(倉庫でマシンガンを撃つボガートは、やはり本人ではなく、ジョン・トビン John Tobin という役者が演じていることが後に判明)


MJ_index06.jpg
ALFONZO お前は誰だ?
2009.12.30

 最強のMJエピゴーネン、アルフォンゾを君は知っているか?! この記事を書いてからしばらく後、'88年に彼がAngel Cityというレーベルから、微妙に異なるアーティスト名で『CHAMPION OF LOVE』なる2ndアルバムを発表していたという衝撃の事実を知った(ニュー・ジャック・スウィング化している)。アルフォンゾについてはまだまだ語られるべきだろう。


MJ_index07.jpg
The Jacksons @ The Rainbow Theatre 1979
2010.01.10

 ジャクソンズの'79年ロンドン公演映像を鑑賞。
 マイケルの最高のライヴ映像のひとつ。シャーデーも登場?!


MJ_index08.jpg
シャーデーの“今日は何の日?”(第2回)
2010.08.29

 マイケルの誕生日、8月29日は何の日だか知っていますか?


MJ_index09.jpg
Daniel Cloud Campos──渾身のマイケル・トリビュート
2011.12.23

 マイケル・ジャクソンの継承者と言われる人間はたくさんいるが、私が最も期待しているのが、“ミュージカル映画界のクエンティン・タランティーノ”とも言うべき(アゴのしゃくれ方も含めて)、このダニエル・クラウド・カンポス。彼のMJトリビュート短編『Like Mike』はアゴが外れるくらいの面白さ。気に入った方は“Dance to Jazz and All That Jazz”から他のクラウド関連記事もどうぞ。


MJ_index10.jpg
『ウエスト・サイド・ストーリー』@東急シアターオーブ 2012
2012.08.12

 マイケルがこよなく愛した『ウエスト・サイド物語』。
 その最新ブロードウェイ版を鑑賞。パオッ!


MJ_index11.jpg
We Want You Back
2012.08.29

 ホンモノのMJ好きはどっちだ?! ドイツのナイジェリア系ネオソウル歌手、アヨのこの傑作MVは、後の記事“Kids Are Alright!──チビっ子音楽ヴィデオ特集('13年5月5日)でも取り上げた。


MJ_index12.jpg
ひたすらヤバい──スーパーバッドなMJ箱『BAD25』
2012.09.30

 『BAD』25周年記念ボックス関連記事その1。
 まずはウェンブリー・スタジアム公演を完全収録したDVDを鑑賞。
 失神必至、幻の'88年〈BAD〉ツアーの全貌が遂に明らかに!


MJ_index13.jpg
ガチンコMJショウ──Michael Jackson Japan Tour '87
2012.10.08

 『BAD』25周年記念ボックス関連記事その2。
 定番の'87年9月横浜スタジアム公演映像を再見。
 ひたすら歌って踊って諸肌を脱ぐマイケル! ガオ〜!


MJ_index14.jpg
The World Is Yours──MJ THE UNTOUCHABLE
2012.10.17

 『BAD』25周年記念ボックス関連記事その3。
 未発表音源を聴きながら野心作『BAD』を再考。
 WHO'S BAD?──マイケルはイケていたのか?


MJ_index15.jpg
Thriller Live @ 六本木ブルーシアター 2012
2012.11.10

 英国生まれの舞台『THRILLER Live』来日公演を最前列ど真ん中で鑑賞。
 愛情たっぷりの手作り感が良いのダッ。ヒ〜ヒ〜!


MJ_index27.jpg
Like Michael back in the day.jpg
2012.11.28

 '80年代ポップ・スターをテーマにしたゴルチエのコレクションにMJガールズ登場! これはバックステージ画像集。ショウの詳細は“Addicted to the 80s──ゴルチエ2013年春夏コレクション”で。


MJ_index16.jpg
俺だってMJ──金字塔「Thriller」を再現せよ!
2013.01.03

 「Thriller」をリメイクした世界中のYouTube動画を大特集。
 マイケル&オーラもビックリの珍作・怪作がゾンビのように続々登場!


MJ_index17.jpg
オールスタージャンケン大会
2013.08.29

 映画界・音楽界の豪華スターたちによる夢のジャンケン大会。
 ジャンケン王に輝くのは一体誰か? もちろん、マイケルも参戦!


MJ_index18.jpg
Michael Jackson──リズムの奴隷
2014.05.13

 マジカル超傑作『XSCAPE』解禁。
 まずは鬼の必殺曲「Slave To The Rhythm」を鑑賞。最強のMJ再び!!!!
 グレイス・ジョーンズの同名異曲もついでにどうぞ。


MJ_index19.jpg
Xscape is what I need
2014.05.17

 “脱出(Xscape)”と掛けて“リタ・ヘイワース”と解く、その心は?


MJ_index20.jpg
Michael Jackson──脱出
2014.05.18

 『XSCAPE』の表題曲を和訳。バビロンの包囲網から脱出せよ!
 更に脱出したい方は、記事末の“TO BE CONTINUED...”からどうぞ。


MJ_index21.jpg
Michael Jackson──もう12時です
2014.06.10

 『XSCAPE』のベスト・トラックのひとつ「Do You Know Where Your Children Are」を和訳。主人公の家出少女にはモデルがいた?!


MJ_index22.jpg
Michael Jackson: Slave to the Rhythm
2014.06.18

 “リズムの奴隷”とは何なのか。その意味をMJ本人の言葉から理解しよう。そして、姉妹記事“Rocio Molina: Slave to the Rhythm”で、その意味を感じよう。


MJ_index23.jpg
星の日
2014.06.25

 5年目の6月25日に思う。


MJ_index24.jpg
Michael Jackson──団結
2014.07.05

 “Xscape”を巡る私の心の旅は、スティーヴィー・ワンダー「Master Blaster (Jammin')」、ボブ・マーリー「Jamming」を経由して、最終的にMJの'91年の名曲に行き着いた。


MJ_index25.jpg
ウルトラミキサー
2014.10.03

 ドラえもんの秘密道具でマイケルとあの人が合体!
 (それにしても、“ウルトラミキサー”ってなんてファンキーな道具名なんだろう)


MJ_index26.jpg
Michael Jackson──スマイル大賞2014
2014.12.31

 '14年スマイル大賞の受賞者は、アメリカのシンガー・ソングライター、マイケル・ジャクソンさん。受賞曲は「Love Never Felt So Good」。


MJ_index28.jpg
Happy New Year and EAT THIS
2015.01.01

 明けましておめでとう、これでも食らえ。
 もっと食らいたい人は次(↓)の記事を。


MJ_index29.jpg
King Corville──キング・オブ・MJイング
2015.09.01

 世界よ、これがMJイングだ!
 マイケルもマドンナも知らなかった驚異のダンサー、コーヴィルを見よ。


MJ_index30.jpg
O'Neal McKnight──未来へ戻れ!
2015.11.03

 '80年代? それとも2088年?!


MJ_index31.jpg
足は口ほどに物を言う
2016.04.18

 これは誰の足でしょう?


MJ_index32.jpg
Ruth B──迷い子
2016.07.25

 ネバーランド再訪。


MJ_index33.jpg
私は誰でしょう?
2016.10.23

 マイケルに告ぐ。

| Michael Jackson Index | 01:30 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT