2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャーデー、ツアーへの意気込みを語る



 アトランタの新聞、AJC紙の'11年4月7日付のウェブ記事にシャーデー・アデュの最新インタヴューが掲載されている。いよいよ4月29日にフランスから始まるシャーデーの10年ぶりのコンサート・ツアー。キックオフを間近に控え、ロンドンにいるアデュがツアーへの意気込みを語っているので紹介したい。


Sade_never_lets_u_down2.jpg

「ショウの醍醐味は実際に体験しないと分からないものよね。今までで最高のツアーにしようと皆で張り切ってるの。大掛かりなステージになるわ。かなりシアトリカルだし、ヴィジュアル面でも曲をきちんと表現して、観客を別世界へ連れていけたらと思ってる。終わった後、観客の中に何か残るようなショウにしたいわ」

 '11年2月のアルバム発表からツアー開始まで、約15ヶ月という長い時間がかかった。ツアー発表直後に行われた'10年10月のインタヴューで、ツアーの遅れについて“自分に準備ができていなかった”と語っていたアデュ。ツアーの決意に至るまでの不安やためらいについて、彼女はこう説明する。

「遊園地の絶叫マシーンに乗る感じに近いかしら。“私は乗らないわよ”とか言いながら、結局、乗るはめになって、いざ乗ってみると“やっぱり乗ってよかった~”って思うみたいな。いったん乗ってしまえば無我夢中になって、“自分は何やってんだろう?”なんて考えてる場合じゃなくなるでしょう。ある部分、(ツアーに向けて)私はもう興奮状態になってる。何事もやってみるものよね」

 遂に“絶叫マシーン”に乗り込んだアデュ。彼女を乗せたローラーコースターは、今、最初の上り坂をゆっくりカタカタと昇っている。歓喜のファーストドロップが訪れるのは、'11年4月29日、フランスのニース。これが最高の旅になることは、彼女をはじめとするシャーデーのメンバー全員が乗車した時点で約束されているだろう。

「観客は私たちの歌の世界に入り込む。私たちは聴き手を別世界へ連れていくわけだけど、それは必ずしも時代とは関係ない。いつも流行とは無縁だったから。時代遅れになるものとは一切関わってこなかった。私たちはただ自分たちの音楽をやるだけよ」

 このインタヴューの全長版は、シャーデーのアトランタ公演(7月12~13日)間近にAJC紙の紙版に掲載されるそうだ。

※上の写真はドイツのエコー賞('10年3月4日)に出演した時のシャーデー(科白はイメージです)


'11年ツアーはこの曲で始まる!?

2001show_opener.jpg
'01年ツアーのオープニング「Cherish The Day」

 ところで、今回のツアーのオープニング曲は一体何だろう? ステージに関して楽しみはいくらでもあるが、セットリスト──特に、どの曲でショウが始まるか、というのは、ツアー開始前の最大の関心事のひとつである。参考までに、過去ツアーのオープニング曲を振り返ってみよう。

DIAMOND LIFE TOUR (1984) - Why Can't We Live Together
PROMISE TOUR (1985/86) - Why Can't We Live Together
STRONGER THAN PRIDE TOUR (1988) - Never As Good As The First Time
LOVE DELUXE TOUR (1993) - The Sweetest Taboo
LOVERS ROCK TOUR (2001) - Cherish The Day

 過去のデータを眺めてひとつ分かるのは、幕開けには過去アルバム収録曲、しかも、シングル曲が選ばれる確率が極めて高いということである。これらを踏まえつつ、希望も含めて私が予想する'11年ツアーのオープニング曲は以下だ。

予想1──By Your Side (Neptunes remix)
予想2──Cherish The Day
予想3──Love Is Stronger Than Pride
予想4──Flow
予想5──The Sweetest Taboo
予想6──Paradise

 第1候補は「By Your Side」、しかも、ネプチューンズ・リミックス版のアレンジ(ありえね~)。オリジナル版でも良いのだが、幕開けならネプチューンズ版の方が絶対に盛り上がる。これでショウが始まるというのは、予想というより、単なる私の希望である(2曲目は「Soldier Of Love」でお願いします)。「Cherish The Day」は、前回ツアーと同じではあるが、オープニングとしてはやはり手堅いところか。前回ツアーでセットリストから外れた「Love Is Stronger Than Pride」は、今回のツアーで絶対に復活すると思う。1曲目なら文句なしだ('93年ツアーのレゲエ版でも良いが、今回はオリジナル版のアレンジで聴きたい。いきなりヴォーカルから始まる曲だが、オープニングに選ばれた場合はイントロが付けられるだろう)。「Flow」はシングル曲ではないが、なんとなく臭う(『LOVERS ROCK』から3枚目のシングルが切られていれば、間違いなくこの曲だったはず)。「The Sweetest Taboo」「Paradise」は、ローリング・ストーンズのコンサートで言うと、いきなり「Satisfaction」か「Jumpin' Jack Flash」で始まる感じに近い。これも十分に考えられる展開だ。これだけ挙げればどれか当たるだろう。
 
 これ、全部外れたら間抜けだなあ。当たる当たらないはともかく、こういうことを真剣に考えて時間を過ごせるのが私は嬉しくて仕方ない。さあ、君も予想してみよう!


追記('11年4月12日)
 この記事をアップした僅か数時間後、公式サイトUS版4月11日付ニュースでベスト盤収録の新曲「Love Is Found」が公開された。先に公開された「Still In Love With You」も素晴らしかったが、これまた超最高。シャーデー、絶好調じゃないか。ツアーのオープニング曲はこれでもいいぞ(っていうか、これにしてくれ。で、2曲目が「Soldier Of Love」)。この曲は是非、生バンドのアンサンブルで聴いてみたい。というわけで、上記の予想は以下に変更。

予想1──Love Is Found
予想2──By Your Side (Neptunes remix)
予想3──Cherish The Day
予想4──Love Is Stronger Than Pride
予想5──Flow
予想6──The Sweetest Taboo
予想7──Paradise

 今、この追記を書きながら私は「Love Is Found」を延々リピートで聴きまくっている。これは最高すぎる。『SOLDIER OF LOVE』の1曲目が「Love Is Found」だったらなあ……嗚呼!

| Sade News | 00:10 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT