2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャーデーの“今日は何の日?”(第1回)



 毎年、8月10日は“鳩の日”です。
 
 いつ誰が何の目的で定めたのかは不明だが、とにかくそう決まっている。都合の良いことに、8月10日は“やきとりの日”でもある。というわけで、今日は是非、鳩を焼いて食べてみたい(注意:そのへんにいる鳩を勝手に捕まえて食べると法律で罰せられます!)。

 上の写真は、'84年9月の初来日時、東京・浅草の浅草寺で鳩と戯れるシャーデー・アデュ。


 アデュがいるのは、五重塔と本堂の間の付近、“鳩ポッポの歌碑”(1962年建立)のすぐ左脇の場所である。そこには“はと豆”と書かれた小屋があり、参拝客が鳩の餌を買えるようになっていた。何も知らずにこれを購入した者は、豆を袋から出した瞬間、餌に飢えた鳩どもの集中攻撃を受け、ひどい場合には糞まみれになったりして泣きを見る。実に恐ろしいスポットである。

 現在、浅草寺に豆売り小屋はない。戦後間もない頃に建てられ、人々に親しまれてきたこの小屋は、鳩の糞害の深刻化により、'03年の大晦日に撤去された。長年、参拝客や観光客が戯れに餌を与え続けたせいで、あまりにも鳩が増え過ぎたのだ。以降、浅草寺で鳩に餌をやることは禁止されている。

参考写真:在りし日の豆売り小屋
(数年前に私がネットで拾った画像。この画像が置かれていたサイト──個人のHPかブログだったと記憶する──は、現在、残念ながら画像もろとも消滅している。今となっては貴重な写真なので、サイズを縮小した上、悪しからず無断でお借りさせて頂く。“20001118-asakusa01.jpg”というファイル名だったので、恐らく'00年秋の撮影)



tokyo84_2.jpg

 こちらのショットは、同じ日、浅草寺本堂前でのシャーデーの4人。撮影者は『PROMISE』のカヴァー写真などを手掛けたトシ矢嶋(一緒に写っているガキんちょは誰だか知らない)。こういう貴重な写真を埋もれさせておく手はないと思うのだが。

 初めて日本を訪れたアデュの感想。

「凄い気に入ったわ。礼儀で言っているんじゃなくてね。浅草に行ったのね。みんなで本物のカフェ(居酒屋か?)に入って、そこでスモウを見た。ギター抱えた歌い手(流し)が、カフェの外で歌ってたりね。人がみんな心底気さくなのよ。ロンドンのイースト・エンドとか、ソーホーとか、そんな感じだった。物凄く楽しい一日だった。私ね、裏通りって大好きなのね。裏通りって、その国の本当の姿がわかるでしょ。少なくともホテルよりは」(December 1984, Adlib/括弧内は原註)

tokyo84_3.jpg
浅草のカフェにて


※「シャーデーの“今日は何の日?”」は年末まで不定期で続きます(全4回)。次回は8月末です。


シャーデーの“今日は何の日?”(第2回)
シャーデーの“今日は何の日?”(第3回)
シャーデーの“今日は何の日?”(第4回)
All Night Fuji [September 1984]

| Sade Tree | 00:15 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT