2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

≫ EDIT

Reggaelation IndependAnce with Tamangoh @ The Room 2018



 レゲレーション・インディペンダンスタマンゴのジョイント・コンサートを観た。

 トロンボーンの齋藤徹史を中心に'08年に結成され、“東京発ジャマイカ経由全世界行き”というキャッチコピーを掲げて活動する日本のアフロ・ジャズ・ファンク・ダブ・バンド、レゲレーション・インディペンダンス。4月17日に下北沢で行われたアンジェロ・ムーア&ザ・ブランド・ニュー・ステップの来日公演で初めて彼らの存在を知り(彼らは前座の一組として出演していた。詳しくは過去記事を)、そのクールなサウンドにすっかりノックアウトされた私は、その晩、速攻で彼らのCDをAmazonでまとめ買い。なんとしても単独公演を観たいと思い、公式サイトでライヴ・スケジュールをチェックすると、早速6日後の4月23日、渋谷のThe Roomで公演予定があった。入場無料の投げ銭制で、しかも、ニューヨークの黒人タップ・ダンサー、タマンゴと共演するという。タップ好きで、おまけに金もない私にとって、それは神様がセッティングしてくれたとしか思えない、全く夢のような公演だった。

≫ Read More

| Dance to Jazz and All That Jazz | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

映画の肖像



 東京都千代田区、秋葉原と御徒町のちょうど中間あたりに、かつて練成中学校という区立学校があった。統合のため'05年に廃校になったが、校舎の改修を経て、'10年から文化芸術センターとして運営されている。最近よくある廃校リノベーションというやつだ。

 校舎の手前に広がる公園の一角に喫煙所があったことがきっかけで、先日、私はその3331 Arts Chiyodaという文化芸術センターに何となく足を踏み入れた。そこでは一年を通して様々な企画展が催されていて、誰でも無料で観覧できるらしかったからである。

 館内の構造はまさに学校そのもので、廊下には水道の蛇口がずらりと並ぶ手洗い場がそのまま残っていたりする。まるで放課後の学校のように人気のない、シーンと静まり返った廊下を懐かしい気分で歩き、ギャラリーになっている教室のひとつに入ったところ……上の画像に写っている黒い物体に出くわした。黒板か、と思った。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 06:30 | TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月