2017 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 02

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

≫ EDIT

都会の喧騒【1】〜New York by Iggy Pop



 前回、チョコレート・ジーニアスの「Don't Look Down」を和訳した。彼のアルバム『Black Music』(1998)から続けて何曲か取り上げるつもりでいたが、予定を変更して、ニューヨーク繋がりでイギー・ポップの同名曲「Don't Look Down」を和訳する。“都会の喧噪(Sound of Big Cities)”という連載企画を思いついたからである。今回はその第1回、ニューヨーク篇。

 「Don't Look Down」はイギー・ポップのアルバム『New Values』(1979)の収録曲。当時の彼はローリング・ストーンズ風の黒っぽいパンキッシュなロックンロール路線(要するに『Some Girls』っぽい音)を狙っていて、この曲はまさにその典型である。女性バック・ヴォーカルやボビー・キーズ風のサックスも入ったソウルフルなミディアム。ここで彼はニューヨークの街の喧騒について歌っている。

 イギー・ポップは米ミシガン州のアナーバーという街の出身で、彼の音楽はその近郊にあるデトロイトの自動車工場の騒音から大きな影響を受けている。人間の文明が生み出すけたたましい音を聞くのが彼は好きなのだ。文明の粋である都市という場所は、まさにそうしたノイズの宝庫である。人混みの雑踏、話し声、車の走行音やクラクション、様々な宣伝アナウンス、工事現場の音……。街のざわめきがいつでも彼を刺激する。そのやかましい音(crazy sound)を聞くと、彼は“うつむかない”。「Don't Look Down」は、映画『タップ』(1989)でグレゴリー・ハインズがニューヨークの街の騒音に合わせて生き生きとタップを踏む場面を私に思い出させる。優れたタッパーと同様、イギーは日常の何気ない物音の中に生命の鼓動(ビート)を感じ取る特殊能力の持ち主なのだろう。こういう歌を聴くと、彼は詩人だなと思う。

 シリーズ“都会の喧噪”は、音楽を通して様々な都市の息遣いを伝える不定期連載。毎回1曲、街のざわめきが感じられる歌を和訳しながら世界を巡ります。お楽しみに。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:20 | TOP↑

≫ EDIT

Chocolate Genius──天才チョコレートの黒人音楽【3曲目】



 ダニエル・シーザーは過去の様々なアーティストを彷彿させる男だが、過去記事で書いた通り、彼の作品から私が最終的に思い至ったのがニューヨークのこの才人、マーク・アンソニー・トンプソンだった(マックスウェルとお間違えないよう)

 チョコレート・ジーニアス名義での彼の初作『Black Music』(1998)は、ダニエル・シーザーが好きな現在の若い音楽ファンに是非とも聴いてもらいたい作品である。一押しは、3曲目の「Don't Look Down」。『Black Music』はオルタナティヴ・ロック、フォーク、ジャズなどが入り混じった全く外道な黒人音楽だが、'70年代ソウル色が濃厚なこのスロージャムは、彼の音楽が当時、ニュー・クラシック・ソウル(ネオ・ソウル)の傍流にあったことを分かりやすく示している。

 ダニエル・シーザーのオルタナ感はチョコレート・ジーニアスにそっくりだと思うのだが……'95年生まれのダニエルは果たして『Black Music』を知っているだろうか?

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 05:00 | TOP↑

≫ EDIT

Daniel Caesar──知覚の扉



 '17年S.A.D.E.大賞をゲットしたトロントの新進R&B歌手、ダニエル・シーザー。めでたく初来日公演('18年3月5日@代官山UNIT)も決定したところで、グラミー賞にもノミネートされている彼の出世作「Get You」(2016)の歌詞を和訳することにしたい。

 米女性オルタナR&B歌手、カリ・ウチスとの共作/共演による官能的なスロー・ナンバー。ダニエルのうっとりとしたファルセット歌唱や、深いエコーの利いた音像が独特の夢幻的なムードを醸し出す。耳触りの良いスムーズなネオ・ソウル感と同時に、'10年代らしい倦怠感やチルアウト感を持った極めて中毒性の高い1曲だ。制作には同郷トロントのオルタナ・ジャズ・バンド、バッドバッドノットグッドが関与。彼らがバック・バンドとして参加したライヴ仕立ての音楽ヴィデオも、この曲の現実離れした陶酔感をよく表している。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Daniel Caesar──フロイト派、世界を駆ける



ダニエル・シーザー来日公演
代官山 UNIT
2018年3月5日(月)
Open 19:15 / Start 20:00
前売り ¥7,500(税込/別途1ドリンク)

※1月20日(土)10:00よりチケット一般発売

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 10:00 | TOP↑

≫ EDIT

Morgan James 3月に初来日公演決定!



モーガン・ジェイムズ来日公演
ブルーノート東京
2018年3月15日(木)、16日(金)
[1st show] Open 5:30pm / Start 6:30pm
[2nd show] Open 8:20pm / Start 9:00pm
18日(土)
[1st show] Open 4:00pm / Start 5:00pm
[2nd show] Open 7:00pm / Start 8:00pm
MUSIC CHARGE ¥7,500(税込)

「3月にブルーノート東京で公演することになりました! 日本は初めて。やっと行けるわ!! 観に来てね(I'm so excited to announce that I will be performing in Tokyo at @bluenotetokyo in March! I've never been to Japan and I have been DYING to go!! Come see us.)

──Morgan James (@morganajames)

≫ Read More

| Diva Legends | 23:15 | TOP↑

≫ EDIT

HBD @SADE 2018



Happy Birthday Sade

from Stuart Matthewman

≫ Read More

| Sade News | 06:30 | TOP↑

≫ EDIT

シャーデー、59歳になる



 '18年1月16日、シャーデー・アデュが59歳の誕生日を迎えた。
 
 毎年恒例、息子のアイザック(元アイラ)による誕生日お祝いインスタ投稿は、ここ数年続いてきた母親との最新記念写真ではなく、幼少期に撮られた母親とのツーショット写真だった(上/この写真は'17年3月26日の母の日にも投稿されていた)。実家に帰れなかったため昔の写真になったのだろう。'96年生まれの彼が4〜5歳くらいなので、'00〜'01年頃(『Lovers Rock』期)に撮影されたものと思われる。良い写真だ。キャプションは以下の通り。

「お母さん、お誕生日おめでとう。心の底からいつまでも愛しています。最高の日をお過ごしください(Happy Birthday my Mumma. I love you past the moon and back countless times. I hope you have the best day)

 50代でのアルバムはどうやら『Soldier Of Love』だけになりそうだ。牧場仕込みの還暦パワーに期待したい。おめでとうございました!

| Sade News | 09:00 | TOP↑

≫ EDIT

Thus spoke Prince

Thus_spoke_Prince.jpg

It's time 4 another groove like Sade's Sweetest Taboo

──Prince, S.S.T., 2005


HAPPY BIRTHDAY, SADE!

| Sade News | 09:00 | TOP↑

≫ EDIT

BADBADNOTGOOD @ Cosmos Records West


COSMOS RECORDS WEST
652 Queen Street West, Toronto, Ontario, Canada

Focusing on vintage Jazz, Latin, Brazilian, Cuban, Rare Grooves

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 21:00 | TOP↑

≫ EDIT

BADBADNOTGOOD──チョンピーの楽園


チョンピーの楽園(2016/カナダ)
Chompy's Paradise
監督/編集:コナー・クロフォード
撮影:ジェイムズ・アーサーズ
音楽:バッドバッドノットグッド
出演:リーランド・ウィッティ

【あらすじ】
'16年のアルバム『IV』でバッドバッドノットグッドに正式加入したサックス奏者のリーランド・ウィッティ(高校時代のあだ名はチョンピー)。密室に閉じ込められた彼の目の前には、爆発間近の時限爆弾があった。赤、青、黄の3本の導線のうちのひとつを切り、爆弾を解除しなければならない。一体どれを切ればいいんだ? 刻一刻とタイムリミットが迫る中、彼は相棒のサックスから教わった爆弾処理の方法を思い出すのだった……。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 05:45 | TOP↑

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月