2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宇宙の花



 エヴァ・デュヴァネイ監督のディズニー映画『A Wrinkle In Time』('18年3月9日アメリカ公開)に提供されたシャーデーの7年ぶりの新曲「Flower Of The Universe」。映画の公開に先立ち、3月7日にシングルとして遂に音源が正式リリースされた。

 予想以上に予想通りと言うか、シャーデーはやっぱりシャーデーだったと言うか……。世界中のファンの期待に対する気負いなど微塵も感じられない驚異の平常心ぶり。何年ぶりだろうとシャーデーには関係ない、ということを改めて思い知らされるような曲である。

≫ Read More

| Songs | 01:45 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ共に生きられないんだ


WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER
7": Glades 1703, 1972 (US)

Side 1: Why Can't We Live Together
Side 2: Funky Me

 『Diamond Life』(1984)を締め括るティミー・トーマスの'72年のデビュー曲「Why Can't We Live Together」。マーヴィン・ゲイの前年発表曲「What's Going On」を極限までシンプルにしたようなこのメッセージ・ソングは、当時、全米ソウル・チャートで1位、ポップ・チャートで3位となるクロスオーバー・ヒットを達成した。シャーデーによるカヴァーが有名だが、'82年にマイク・アンソニーというベルギーの黒人歌手が傑作ディスコ版(これはヤバい)を発表している他、'90年代以降はMCハマーサンタナジョーン・オズボーンスティーヴ・ウィンウッドらによっても取り上げられている。スライもビビる激チープなリズムボックス・サウンドは、ドレイク「Hotline Bling」(2015)のネタとして現代のリスナーの耳にも刷り込まれている。斬新なのか、いい加減なのかよく分からない音作りのセンスは、'80年代初期のプリンスにも通じるだろう。この音を“これでいいのだ”と判断できる感覚がファンキーである(B面曲「ファンキーな俺」もヤバい)

 シャーデーはレコード・デビュー前からこの曲をレパートリーにしていた。ナイジェリア人の父とイギリス人の母を持つアデュの真摯な歌唱が、異人種共存の困難を歌った歌詞に強い説得力を与えている。彼らの'84年ツアー、および、'85〜86年ツアーのオープニングはずっとこれだった。ライヴ・エイド('85年7月13日)や、ピーター・ガブリエル、スタイル・カウンシル、ギル・スコット・ヘロンらと共に参加した反アパルトヘイト・コンサート〈フリーダム・ビート('86年6月28日)での熱演も印象深い。その後はレパートリーから外れているが、もし現在、シャーデーがツアーを行うとしたら、再び重要曲として取り上げられるのではないか。この歌は、残念ながら、近年になってますます深刻な意味を持ちつつある。

≫ Read More

| Songs | 23:56 | TOP↑

≫ EDIT

こんな日が来るとは思わなかった

IntIstd.jpg

 『STRONGER THAN PRIDE』(1988)に収録されている穏やかなナンバー「I Never Thought I'd See The Day」。エレピやサックスを中心にした清涼感溢れるサウンドは依然としてスムーズ・ジャズ色が強いが、ビートレスのシンプルな演奏から立ち上がるアデュのエモーショナルなヴォーカルには、4年後の名曲「Pearls」にも通じるスケール感や緊張感が既に幾分感じられる。リロイ・オズボーンと共作されたこの曲は、'88年ツアーでも披露された。

≫ Read More

| Songs | 03:10 | TOP↑

≫ EDIT

楽園

Paradise.jpg

 『STRONGER THAN PRIDE』(1988)からの第二弾シングル曲「Paradise」。ライヴ映えのする抜群のアップで、コンサートではいつも大いに盛り上がる。全米R&Bチャートで堂々の1位を記録(総合チャートでも16位のヒット)。

 パーカッションが南国の熱風を感じさせつつ、サウンドは実にクール。「Smooth Operator」「The Sweetest Taboo」と続いてきたラテン調のシングル曲、あるいは、1st収録の同じ16ビート・ファンク「Cherry Pie」などと較べると、この曲がいかに研ぎ澄まされているかが分かる。特に違うのはビートの立ち具合である。'90年代以降、ヒップホップの影響を受けながら独自のシンプルなサウンドに磨きをかけていく彼らだが、そのソリッドなフォームはここでほぼ完成されていると言ってもいいだろう。

 楽曲同様、歌詞もアップリフティング。シャーデー版「I Feel Good」、あるいは「Jumpin' Jack Flash」とでも言いたくなるような、いつ聴いても吹き飛ばされる問答無用の必殺曲である。

≫ Read More

| Songs | 20:34 | TOP↑

≫ EDIT



 『SOLDIER OF LOVE』(2010)の収録曲「Skin」。『LOVE DELUXE』(1992)の「Bullet Proof Soul」を思わせるトリップホップ調のダビーなナンバー。往年のファンにとってはアルバムの中で最も親しみやすい曲かもしれない。このクールなブルース感覚はまさにシャーデーである。'11年ツアーでは意表を突くハード・ロック調のアレンジを加えて披露され、強烈な印象を残した。

≫ Read More

| Songs | 02:23 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT