2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Masego──24時間の情事



 マセーゴ『Lady Lady』の表題曲「Lady Lady」と、先日和訳した「Black Love」の間に置かれたインタールード「24 Hr. Relationship」。ケラーニを相手役に迎え、一夜限りの情事を翌朝の男女のモノローグで描いたこの寸劇調ナンバーは、アンドレ3000(アウトキャスト)『The Love Below』(2003)収録のインタールード「Where Are My Panties?」へのオマージュ。

 となると、『Lady Lady』からの先行シングルだったサーの客演曲「Old Age」も、同じく『The Love Below』収録の熟女こましソング「Pink & Blue」に触発されている可能性が出てくる。“賢者曰く、年齢なんてただの数字(Wise man said age ain't nothing but a number)”の“賢者”とは、要するにアンドレのことを言っているのではないか。マセーゴは昨年、ゴールドリンクとヘア・スクエッド(ダブリンのヒップホップ・トリオ)と組んで『The Love Below』の「Roses」をカヴァーしてもいた。

 キャブ・キャロウェイを引用している時点で相当にアウトキャストくさかったが、これではっきりした。スティーヴィー・ワンダー『Songs In The Key Of Life』、プリンス『Sign "O" The Times』、そしてアウトキャスト『Speakerboxxx/The Love Below』。マセーゴはいずれ、これらに比肩する歴史的な傑作を生み出すかもしれない。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:10 | TOP↑

≫ EDIT

Stevie Wonder──青き月



 マセーゴの名作『Lady Lady』もこの人がいなければあり得なかった……というわけで、前回の「Black Love」に続き、今度はスティーヴィー・ワンダー『A Time To Love』(2005)収録の名曲「Moon Blue」を和訳する。

 『A Time To Love』は、『Characters』(1987)、あるいは『Hotter Than July』(1980)、もしかすると『Songs In The Key Of Life』(1976)以来と言ってもいいくらいの大傑作アルバムで、'05年に出てから今日まで私はずっと愛聴し続けている。“あと2ヶ月くらいで完成するかも”とスティーヴィー自身が今年5月に語っていた超待望の新作『Through The Eyes Of Wonder』は、それから4ヶ月経った今も一向に出る気配がない。スティーヴィー、もう待てないよ!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Masego──黒い愛



 やったぜ、マセーゴ。最高だ。最高の出来だ(泣)。
 
 21世紀のハイディホー・マン、マセーゴの超待望の新作『Lady Lady('18年9月7日発表)。その12曲目「Black Love」。全曲最高だが、とどめはこれ。やっぱスティーヴィー・チルドレン。

 Bravo, Masego!!!!!

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

夢はボクのもの~島田高志郎の「Adios」



 ベンジャミン・クレメンタイン「Adios」(2014)の歌詞を和訳した過去記事“Benjamin Clementine──さらば('17年3月1日投稿)に、先日、突発的に大量のアクセスがあった。何事かと思って調べてみると、やって来た200人ほどの閲覧者は皆、日本のフィギュアスケート・ファンらしかった。どうやら「Adios」がフィギュアスケートの試合で使われたようだ。

 1年前にもこれと同じことがあった。アメリカのフィギュアスケート選手、ネイサン・チェンがベンジャミンの「Nemesis」を試合で使ったことがきっかけで、日本のファンが歌詞の和訳を求めて拙記事(“Benjamin Clementine──ネメシス(因果応報)”)に押し寄せたのだ。フィギュアスケート・ファンの人たちに記事が読まれるなど夢にも思わなかったことだ。

 一応、私はダンス好きではあるが(特にタップとフラメンコを好む)、フィギュアスケートについては何も知らない。何も知らないのだが、ネイサン・チェンが「Nemesis」を使ったことを受けて、当時、門外漢なりに彼の演技を音楽ファンに紹介する記事を書いた(“危うし結弦!? ネイサン・チェンの「Nemesis」”。'17年9月18日投稿)。その中で私は、よりにもよって「Nemesis」という怨歌が選ばれたことについて“どうせなら「Adios」の方が(歌詞的にも)良かったんじゃないか”と率直な感想を書いたのだが、ここへ来て実際にその「Adios」で滑るフィギュアスケーターが現れた。しかも、日本の選手だというから二度驚く。彼の名は島田高志郎という。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

≫ EDIT

Puma Blue──水の中の月



アーティスト名:ピューマ・ブルー Puma Blue
本名:ジェイコブ・アレン Jacob Allen
出身地:サウス・ロンドン
ジャンル:宅録ローファイ・ノワール・ジャズ
似ているアーティスト:チェット・ベイカー Chet Baker、ジェイ・ジェイ・ヨハンソン Jay-Jay Johanson、ツイン・デンジャー Twin Danger、アラ・ニ ALA.NI、バッドバッドノットグッド BADBADNOTGOOD

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 01:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT