2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの黒人が抱える5大問題



 ドナルド・トランプの大統領当選と、それによって浮き彫りになったアメリカ社会の分断は世界に大きな衝撃を与えた。大統領就任直後のトランプ支持率は45%、不支持率も同じく45%で、アメリカ国民の考えはまさに真っ二つに分裂している。日本の多くのメディアはトランプのハチャメチャぶりを強調し、彼を支持するアメリカ国民が半数もいることを“信じられない”、“馬鹿じゃなかろうか”と言わんばかりの調子で報道しているが、そういった人々──もっぱら“低学歴・低収入の白人労働者層”と説明されている──の実態や意見が注視されることは極めて少ないように思う。彼らトランプ支持者の目に、アメリカ社会は一体どのように映っているのだろうか?

 今回はそのひとつの例として、トランプを支持する保守派のアメリカ人であるタリブ・スタークス Taleeb Starkes という人物の意見を紹介することにしたい。マイノリティに対して差別的な姿勢を見せるトランプは黒人層から絶大な不人気を獲得しているが(11月の大統領選挙ではアフリカ系アメリカ人の88%がクリントンに投票)、トランプ支持の保守派の中には、少数ではあるが黒人も含まれている。スタークスはそのうちの一人だ。

 過去記事“Common feat. Stevie Wonder──黒人のアメリカを再び”でも少し紹介したタリブ・スタークスは、フィラデルフィアの著述家/映画製作者。これまでに『The Un-Civil War: BLACKS vs NIGGERS: Confronting the Subculture Within the African-American Community(自滅戦争:黒人 vs ニガー〜アメリカ黒人社会の病巣に迫る!)』(2013)、『Black Lies Matter: Why Lies Matter to the Race Grievance Industry(黒人の嘘が問題だ:被差別商法の欺瞞を暴け!)』(2016)という2冊の本を上梓し、アメリカ黒人社会の病理をあぶり出す冷静な分析と批評で注目を集めている。その書籍名(私が思い切り超訳しているが)からも、彼が普通の黒人とはかなり違った考えの持ち主であることが窺い知れるだろう。

 今回は、YouTubeのプレガー大学(Prager University)で行われたスタークスの講義を紹介する。“プレガー大学”というのは実際の大学ではなく、デニス・プレガーという保守派の白人作家(『ユダヤ人はなぜ迫害されたか』等の邦訳書もあり)が主宰するウェブ上の仮想大学。様々な著名人を講師に招き、時事問題について分かりやすく論じる5分間の講義動画を発信している。スタークスは'16年9月にそこに出演し、“アメリカの黒人が抱える5大問題(The Top 5 Issues Facing Black Americans)”というテーマで講義を行った。その5分間の講義内容を以下に全訳する。

 意外にも、彼が挙げる5大問題の中に“人種差別”は含まれていない。警察による黒人への不当な暴力が相次ぎ、“ブラック・ライヴズ・マター”が声高に叫ばれる現代のアメリカ黒人社会において、人種差別こそは最大の問題ではないのか? タリブ・スタークスの視点は全く異なる。あなたは彼の見解をどう思うだろうか。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 20:00 | TOP↑

≫ EDIT

熱闘! ジャンケン・ジャケ




 “レコード・ストア・デイ”特別企画。
 レコード・ジャケットだけでぶっ倒れるまでジャンケンをする試み。R-暇人指定。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 04:45 | TOP↑

≫ EDIT

オールスタージャンケン大会



 暑い。相変わらず残暑が続いている。とても文章など書く気にならないし、このブログを訪れる人にしても、私の暑苦しい長文など読んでいられないだろう。こんな時は、元気が出るシンプルで楽しい企画が一番である。

 というわけで、今年の夏はジャンケン大会をやることにした。参加者は、私が世界中から集めた映画界・音楽界の豪華スターたち。並み居る強豪を抑え、最後にジャンケン王の栄冠に輝くのは一体誰か? まずはシルヴェスター・スタローンの気合いのグーから。では、バトル開始!

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 02:21 | TOP↑

≫ EDIT

時の記念日──エターナル・タイム

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 23:59 | TOP↑

≫ EDIT

誰でもアーティスト──スリーヴフェイスの世界


John Coltrane - A Love Supreme (1965)

 “スリーヴフェイス(sleeveface)”という言葉をご存じだろうか。アナログ・レコード盤のスリーヴ=ジャケットを使った面白写真のことを英語でそう呼ぶ(“ジャケ仮面”とでも訳したい)。使われるジャケットは主に人物の顔写真が大きく印刷されているもの──いわゆる“顔ジャケ”──で、これをお面のように自分の顔に当てて写真を撮る。上手く位置を合わせると、ジャケットの顔が自分の顔のように見えて大変に面白い。

 昔からあった遊びではあるが、ネット時代になってこの面白写真は秘かなブームとなり、様々なスリーヴフェイス写真があちこちのサイトに投稿されるようになった。当然、写真のレベルは増していき、中には単なる面白写真を超えて、アート写真の域にまで達しているものもある。スリーヴフェイスはもはやひとつの文化と言ってもいい。

 前々回前回のレコード・ネタ記事に続き、今回は世界中の暇人が撮ったスリーヴフェイスの傑作の数々を紹介することにしたい。音楽ファンなら誰でも無条件で楽しめること請け合いだ。これらを参考に、君も憧れのアーティストに変身してみよう!

※コルトレーン『A LOVE SUPREME』(上)のジャケは、自分の顔に重なるように斜めに持つとタイトルが水平になるように出来ている。スリーヴフェイス用に作られたとしか思えない至上の1枚だ。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 03:38 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT