2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

≫ EDIT

Sting──ニューヨークの英国人



 9月に入ってめっきり涼しくなったところで、ひとつ秋冬らしい曲を取り上げることにしたい。スティングの「Englishman In New York」(1987)。音楽ファンでなくとも知らない人はまずいないだろう超有名曲である(当時、富士フィルムのCFに使われていたことを懐かしく思い出す)。人気曲だけあってネット上には多くの和訳が存在するが、いい詞なので私も訳してみたい。

 「Englishman In New York」は、英国の作家でゲイ・アイコンとしても知られたクエンティン・クリスプ Quentin Crisp(1908〜1999)に捧げられた曲。礼儀作法を重んじる英国人のイメージをちょっと戯画的に描きながら、“Be yourself no matter what they say”という普遍的なメッセージに繋げているあたりも人気の秘密だろう。“エイリアン(よそ者、異邦人)”というキーワードは、スティングと同じく英国出身であるベンジャミン・クレメンタインの新作『I Tell A Fly』にも通じる。当時のスティングのアルバムとツアーにも参加していたブランフォード・マルサリスやケニー・カークランドの他、実際にクエンティン・クリスプ本人も出演したモノクロのジャジーなヴィデオ(デヴィッド・フィンチャー監督)も名作だ。これぞエレガンスの見本である。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 00:00 | TOP↑

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月