2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

≫ EDIT

Lianne La Havas──心のしこり




 リアン・ラ・ハヴァスのデビュー曲「No Room For Doubt」(2011)は、いつ聴いても素晴らしい曲だ。4年前の初来日公演でも、今年9月の来日公演でも、もちろん彼女はこの曲を歌ってくれた。

 ウィリー・メイソンと共作/デュエットされたメランコリックな傷心バラード。歌詞は、恋人同士である男女2人の諍いを描いている。2人の間には喧嘩によって生じた大きな亀裂があるが、時間を経て、互いに関係修復の糸口を探そうとしている。ここで言う“doubt”──両者を隔てている疑念、不信感──は、日本語で分かりやすく言えば“わだかまり”のことである。人はいつでも天使ではいられない。後から冷静に自分や相手の言動を省みて、わだかまりや誤解を取り除きたいと願うこの歌の気持ちは、ニーナ・シモンやミシェル・ンデゲオチェロが歌った「Don't Let Me Be Misunderstood」に近いものがある。

 スタジオ録音版では、内省に向かう1番をリアン、心を開いて相手に歩み寄ろうとする2番をウィリー・メイソンが歌った。両者の孤独な歌声はワルツのリズムに乗って漂泊し、やがて静かに交錯していく。

≫ Read More

| Diva Legends | 00:30 | TOP↑

≫ EDIT

Lianne La Havas @ Shibuya Club Quattro 2017



 リアン・ラ・ハヴァスのコンサートを観た。
 
 '13年9月のビルボードライブ公演以来、丸4年ぶり、2度目の来日公演。2ndアルバムの発表以外に、この4年間のリアンに関する最大の話題と言えば、やはり故プリンスとの共演だろう。前回の来日時点で既に彼女とプリンスの間にはプライベートで親交があったが、その後、プリンスがロンドンのリアン宅の居間で記者会見を開いたり('14年2月4日)、リアンがプリンスのアルバム(『Art Official Age』『Hitnrun Phase One』)に立て続けに参加するなど、両者は公の活動の場でも顔を合わせるようになった。'15年7月に発表されたリアンの2nd『Blood』は、良き師だったプリンスとの交流も経て、一段とスケールを増したサウンドを聴かせる充実作だった。

 『Blood』発表から半年後の'16年2月、リアンは『Blood』収録曲をアコギの弾き語りで再録音したEP『Blood Solo』を発表。ずっとバンド同伴でツアーをしていたリアンだが、そのEPと連動して彼女はギターの弾き語りによるソロ公演も行うようになった。今回実現したのはその日本公演。8月にあったキザイア・ジョーンズのブルーノート公演と奇しくも似た内容になったが、リアンの独演会はキザイアのそれに勝るとも劣らない実に素晴らしいものだった。

≫ Read More

| Diva Legends | 22:40 | TOP↑

≫ EDIT

シャーデー、レコード・プレイヤーを手放す



「お母さんがとうとうお古のスピーカーとレコード・プレイヤーをくれた。最強のレコードで初使用してみる」(9 November 2017 @caracalonbenzos)

 息子のアイザック(元アイラ)にシャーデーが古いスピーカーとレコード・プレイヤーをあげたようだ。アイザックのインスタにその動画──「Soldier Of Love」再生中──が上記キャプションと共に投稿された。

 シャーデーは昨年1月にアイザックにレコード・コレクションの一部を譲っていたが、今度はスピーカーとプレイヤーまで。オーディオ機器を新調したのか、それともストリーミング派に転向したとか?!

| Sade News | 22:10 | TOP↑

≫ EDIT

Reggae Philharmonic Orchestra──お嬢ミニー



 英レゲエ・バンド、スティール・パルスの最初期メンバーだったマイケル・ライリーが率いたレゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ。彼らのデビュー曲は、映画『ブルース・ブラザース』でもお馴染みのキャブ・キャロウェイの代表曲「Minnie The Moocher」(1931)のカヴァー。

 '88年当時、この曲のMVを〈ベストヒットUSA〉で視聴したときの衝撃は忘れがたい。スカ〜レゲエの飄々としたオフビートとストリングスの優雅な調べ、レゲエと言うよりはR&B的なマイケル・ライリーの甘美で鯔背な歌声、随所に登場するブルージーなジャズ・サックス、そして、スタッフ・スミスやステファン・グラッペリを彷彿させる終盤の粋なバイオリン・ソロ。すべてが新鮮でカッコ良かった。いま聴いても最高だと思う。

 一昨日、ビルボードライブ東京で行われた“21世紀のハイディホー・マン”=マセーゴの来日公演は、楽団員わずか2名(!)にもかかわらず、レゲエ・フィルのこのMVと同じくらいゴージャスで、洒脱で、くそカッコ良かった。

≫ Read More

| Man's Man's Man's World | 22:50 | TOP↑

≫ EDIT

ある心理テスト 2017


心拍数  68bpm
瞳孔径  3.0mm
涙液量  7μl

検査官:今から2時間43分の映像を見せる。ネタバレもあるからそのつもりで。

≫ Read More

| Etc Etc Etc | 05:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT